ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
星雲賞と名馬の夏休み
2017年07月07日 (金) | 編集 |

7月6日(木)ホッカイドウ競馬のメインは星雲賞でした

レースを勝利したのは米川昇厩舎のオヤコダカ号

強かったですね!!!
17星雲賞ー1


(↑写真ではベロ出ちゃってますが)厩舎ではいつも凛としているオヤコダカ号

米川昇厩舎はじめ関係者のみなさん

そして天国から応援している原先生

おめでとうございます!

予定されている次走のエルムステークスは8月の札幌ですね

楽しみです

これからも無事にね
17星雲賞



そして北海道で夏休みを過ごす名馬も増えてきました

先日の宝塚記念は感動したよ!

ゴールドアクター号です
17ゴールドアクター

ゆっくり疲れをとって、秋に備えてね

また写真掲載の許可をいただいたら、夏休みの馬たちの様子を載せますね






サウスヴィグラス産駒、大活躍
2017年07月01日 (土) | 編集 |


ぐずついた天気が続いた日高ですが

少しずつ夏に向かっているのかなー?

我が事務所菜園の野菜たちは
菜園17
すくすく育っています

あっという間に食いしん坊に食べられちゃうんだけどねん




6月21日(水)のホッカイドウ競馬メインはグランシャリオ門別スプリントでした

レースを制したのは田中淳司厩舎のタイセイバンデッド号(牡6歳・父サウスヴィグラス)
タイセイバンデッド
いい走りをします!

関係者のみなさん、おめでとうございます!





そして6月29日(木)のメインは日本で一番早い二歳馬の重賞レース

栄冠賞

勝ったのは川島洋人厩舎のサザンヴィグラス号(牡・父サウスヴィグラス)
サザンヴィグラス


川島先生は開業4年目の初重賞制覇
サザンヴィグラス2
先生の奥さんは元騎手、安田歩さん

歩さんの馬に対する接し方はとても優しく、彼女にしか心を開かない馬もいるくらい

まさにご夫妻で勝ち取った重賞です

そんな二人をずっと支えてきた村山オーナーもきっと喜んでいらっしゃると思います

関係者のみなさん、おめでとうございます!




勝ち馬はともにサウスヴィグラス産駒でした

これからも活躍を期待しています





さて、週末は東京都議会議員選挙ですね

東京都に住んでいない立場にも選挙結果は大きく影響します

今回は知り合いが2人出馬していることもあり、私も緊張しながら結果を見守りたいと思います

そして大好きなツール・ド・フランスも始まります

日本の新城幸也選手はなんと7度目の参戦が決まりました

7年前の彼と撮った写真です…なんだなんだ左の人、顔が古いぞ
幸也くんと

頑張れ!競馬も選挙もツールも精一杯応援しています!






北海道スプリントカップ2017
2017年06月18日 (日) | 編集 |

6月8日(木)北海道スプリントカップが開催されました

勝ったのは一番人気の栗東・庄野厩舎から参戦したニシケンモノノフ号(父メイショウボーラー)
北海道スプリント1
1.09.4のレコード勝利です



がっちり握手を交わす

庄野調教師(左)と鞍上の横山典騎手
北海道スプリント3



ニシケンモノノフ号は以前ホッカイドウ競馬・原厩舎の管理馬でした

「おかえりなさい」と「おめでとう」で包まれた門別競馬場

カッコいい凱旋だなぁーって思いました



関係者のみなさん
北海道スプリント2
おめでとうございます!




昨日からJRA北海道開催が始まりましたね

夏競馬とホッカイドウ競馬が重なるこの時期は、馬産地の最高の季節

ぜひ多くの皆様に楽しんでもらえたらと思います




二冠馬誕生
2017年06月08日 (木) | 編集 |

すっかり新緑に覆われた放牧地

17新緑
北海道の一番いい季節ですね

しかし6月1日(木)北海優駿(ダービー)は大雨

お客さんはもちろん、馬も人もびしょびしょなダービーになってしまいましたが

レースは熱かった!

優勝したのは岩手所属のベンテンコゾウ号(父サウスヴィグラス・菅原勲厩舎)
ベンテンコゾウ二冠ゴール

二冠馬の誕生です
二冠ベンテンコゾウー1
毎日一生懸命ケアしてきた厩務員さんと

おめでとうございます!
二冠ベンテンコゾウ

次走は王冠賞で三冠に挑むベンテンコゾウ号

また門別のみんなと待ってます




それから新馬戦ではこの馬の仔が勝ちました

俊足&快速&爆走娘のブロードアピール号

自慢気なママの顔
ブロードアピール

今は「走ってるところ見たことない!」と言われる彼女、放牧地からも一番最後に帰ってくるそうです

かわいい息子は田中淳司厩舎のビービーアピール号(父ビービーガルダン)

生産牧場のスタッフが名付けてくれました

「単純な名前だけど…」という名付け親さん

いえいえ、わかりやすくてとてもいいと思います

ママのように強く、パパのように美しく愛される競走馬になりますように




さて今週末は海の向こう、米国でエピカリス号がベルモントステークスに参戦しますね

英国ニューマーケットのジュドモントファームで同じ発音の馬名を見つけ、喜んでいたら

フランケル号の担当獣医師が撮ってくれました
英エピカリス
繁殖責任者と

ジュドモントのチームもドバイのレースで日本のエピカリス号の存在を知ったそうです

きっとみんな応援してくれるよ



今週も地方で、中央で、海外で頑張る人馬の無事を祈っています





赤レンガ記念
2017年05月25日 (木) | 編集 |

5月24日(水)のホッカイドウ競馬メインレースは赤レンガ記念でした

このレースを制したのは

米川昇厩舎のオヤコダカ号
赤レンガオヤコ
連覇達成です


レースから帰ってきたオヤコダカ号
赤レンガ17


赤レンガ17-3


赤レンガ17-2
赤色がすごく似合ってるよ

厩舎ではいつもやる気みなぎってますが、さすがにレース後は疲れているでしょう

でも表情はなんだか清々しく見えます

強かったね!お疲れさま!

関係者のみなさん、おめでとうございます!


オヤコダカ号はもともと原厩舎にいました

厩舎解散に伴い、米川昇厩舎に移籍しています

米川昇厩舎は、元・高岡厩舎にあるのですが

厩舎にはこんな道具入れが
米川昇厩舎
今も大切に使われていて…米川昇先生のこういうところ、尊敬しています


馬はもちろん人との関わりも大切にする米川昇先生に

天国の原先生も手を貸してくれたのかもしれません

そんな原先生の命日は明日5月26日

昨年オヤコダカ号が制した赤レンガ記念の翌日でした

一年あっという間でした

今も先生がひょこっと厩舎から顔をのぞかせるような気がします

あのいたずらっ子のような笑顔、そして誰よりも仕事を、競馬を愛していたこと、忘れません