ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
アイアンマン・ケアンズ・アジア太平洋地区選手権2017
2017年10月22日 (日) | 編集 |
もうずいぶん経ってしまいましたが…

今年の6月11日(日)

昨年に続き再びオーストラリア・ケアンズでアイアンマンに挑戦してきました

自分用の記録としても残しておきたいのでブログに記したいと思います





現地ホテルの部屋からの風景
IM2017.jpg
今年は海が見えました

大会会場、アイアンマン・ヴィレッジにある巨大看板
IM2017-10.jpg
これ見るとアイアンマンしに来たなーって思います

二度目ということもあり、受け付けもスムーズ

買い足したかったバイク用グッズなど昨年お世話になったお店で揃えました

ここ数年、輪行すると必ず不具合が生じる私のバイクですが、シマノのブースに持ち込んだらすぐに修理してくれて

どの大会でも最後はシマノ頼みの私

やっぱり世界のシマノだなーと思います




休憩に寄ったホテルの朝食
IM2017-1.jpg
コーンスープにガーリックトースト

ここの方たちはガーリック(たっぷり)トーストをよく食べます

大会前日のスイムコース
IM2017-2.jpg
風がすごい!

T1(スイムからバイクに移るエリア)にある選手の高価なバイクたち
Im2017-3.jpg
大会でしか見られないので興味津々で見回ります

前日は大好きなボロネーゼをいただきました
IM2017-4.jpg
美味しかった



相変わらず眠れない前日

恐らく眠れたのはトータルで2時間ほど

AM3時には起きて準備します

ホテルそばのバス停から4時過ぎ発のスタートエリア行きのバスに乗ります

約一時間ほどで到着し、バイクの補給食やドリンクを設置し、スタート前にはウエットスーツを着込みます

スタート地点では知らない外国人選手とコースブイの確認をしたり、緊張していたのでハグしてもらったり


スイムシーン
IM2017-0.jpg
昨年ほどの大きな波はありませんでしたがうねりがひどかった

3.8㎞を泳ぎ切りましたが、自身のアイアンマンで最高に遅い記録を達成しちゃいました

時間見て自分でびっくりしましたよ! 「間に合うのか?これ!」って突っ込みました

一歩先に砂浜に上がった選手が振り返って手を差し出したのでタッチ

「It was tough(きつかったね)」 と言うと 「Yeah, very tough(きつかった)」

遅くても他に選手がいるとホッとします

急いでトランジションエリアに行き、着替えてバイクに乗らないと制限時間になってしまいます

ヘロヘロで上がってきてウエットスーツを脱ぐのも大変な私に、ボランティアが脱がせに来てくれました

3人くらいで引っ張ってくれました

ホント毎回ありがとう



そこからはもう時間との闘い

ひたすらペダルをこぎ、制限時間とのにらめっこ

引き算、割り算、計算ばかりしている180.2㎞が終わり、帰ってきた時間を見るとカットオフの数分前でした



これでランまで行ける!やった!

後はもうルンルンです

ランに残された時間は6時間半

歩かなければ間に合います

ランまで到達できたことでもう嬉しくて嬉しくて

とっくに走り始めてる選手はみんな苦しそうな顔をしているけど、私は3周回ずっとニコニコでした

応援している観客に「You are smilling! Wow!(わお!笑ってる!)」って言われるくらい

42.2㎞、さすがに最後は苦しかったけれど、あの最高の瞬間を迎えることができました

ゴールでコールされる”You are an IRONMAN!”

これを聞きたくて聞きたくて一年トレーニングしてきました

何度経験しても最高の瞬間です

この後はゴール裏で記念撮影



そして主催者が用意してくれた温かい食事をいただきました
IM2017-5.jpg
もうおなかペコペコです


雨はますます酷くなり、南国の大会とは思えない寒さに!
IM2017-6.jpg
選手には(私いわく→)銀紙(保温シート)がかけられました



アイアンマンになれた日の夜は一年で最高に幸せな夜

でもすぐにお腹がすくので、買っておいたインスタントラーメンやパンを食べ漁ります(インスタントラーメンを食べるのは一年に一度、この時だけなんです…どのお店も閉まっている時間帯なので)

朝もすぐ目覚めてしまいます

おそらくアドレナリンの作用や疲労でしょうね

でも目覚めた瞬間から完走できた幸せ、アイアンマンになれた幸せでいっぱい




大会翌日はランコースにあって気になっていたオシャレなレストランへ
Im2017-7.jpg
大会中は楽しそうに飲み食いする一般のお客さんを横目で見てましたよー絶対ここに来てやるーって


頑張った身体に感謝しながら栄養補給です
IM2017-8.jpg



オフィシャルの動画で見つけた私のゴール後シーン
IM2017-9.jpg
「大雨の中ありがとう」とボランティアのおじさんに伝えているところ

本当に寒い中たくさんの応援をいただきました

彼らなしではこの喜びもありません

本当にありがとうございました



実はまたも手負いの状態だった今大会

昨年5月に落車により故障した私の肩関節MRI画像です
Im2017-11.jpg
計測の仕方によっては1㎝を超える異物が関節内にあり、これがずっと痛みを引き起こしていました

スイムもほとんど腕を回せない状態

それでもどこまでやれるか試したかった

肩を診てくれている担当医師に完走を伝えると

両手を膝につけて頭を下げ、「恐れ入りました」とおっしゃいました

そんな先生のおかげです

今も治療は続いていますが、馬と全く同じ内容の治療なので、最近は「自分でやる?」って聞かれます

たぶんうるさい獣医と会うのがめんどくさいんでしょうね




早いものでこれが7度目のアイアンマンになります

ここでいったんアイアンマンはお休みにしようかと思っています

しかし、そう思うたびに涙が出てくるので

これからのことはゆっくり考えようかなと思います



周りの協力に感謝、この身体に生み育ててくれた両親に感謝

そして自分の身体と心に感謝しています




2017 Cairns Airport IRONMAN Asia-Pacific Championship, Cairns Highlights


コメント
この記事へのコメント
hig先生
hig先生、メッセージありがとうございます!
練習も大会も独りぼっちなので、あの雰囲気を共有できることが嬉しいです。以前AAEPの会場でアイアンマン参加者グッズを持った獣医師がいたので思い切って話しかけたことがあります。これまで出会った馬獣医師のアイアンマンはhig先生とその(NYの)獣医師だけですv-410
肩関節内にあるのは軟部組織(おそらく上腕二頭筋腱の断裂部)らしく、手術となるとこれを縫い付けるような作業になるそうです。ただ悪い部分がここだけはでなく、腱板や関節軟骨も傷んでいるそうで、手術で良くなる保証がないとのことでした。
今度また馬と一緒に行くのでhig先生のセンターで手術をお願いできますか?すでに貸し切り状態みたいにお願いしている立場では非常に言いにくいのですが!こちら駄馬ですが!(笑)
2017/11/08(水) 00:26:18 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
お疲れ様でした!
7回ですか!お疲れさまでした。
夜明けの海を観ながら感じたプレッシャー、バイクを乗り終えて「後は走るだけだ」と思うアグレッシヴさを思い出しました。
でも、すごい食欲ですね;笑
それだけ食べられれば大丈夫です(何が?)。
肩、おだいじに。
骨片、取れないのかしら??
2017/11/06(月) 04:56:58 | URL | hig #P1tgBd9U[ 編集]
manataさま
メッセージありがとうございます。
ウルトラお疲れさまでした。私も宮古島のウルトラを思い出しました。長い時間なのでいろいろと考えますよね。自分のこと、家族のこと、大切な人のこと。祈る思いはご友人にきっと届いていると信じています。
走っている時は自分と向き合える貴重な時間。これからも充実した時間を過ごしてください。そして周囲の人を笑顔にしてあげてくださいねv-392
2017/11/02(木) 02:18:21 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
はじめまして。
カッコいいです☆おめでとうございます。v-308
久しぶりにブログを拝見して、パワーを頂きました。

私も先々週、ウルトラマラソンを完全完走してきました。クリニックでは無理といわれての怪我の後遺症を抱えながらですが、大切な友人の病気治癒を祈願しながら。
もし奇跡のゴールが出来たら、友人にも奇跡が起きるんじゃないかと願って。
その友人は乗馬仲間であり、獣医でした。残念ながら二日後に亡くなりました。ハリケーンドクターさんと重なる所があり、つい長文にて失礼しました。
どうか、これからもご活躍を。
2017/10/30(月) 23:52:23 | URL | manata #-[ 編集]
通りすがりさま
ありがとうございますv-407
2017/10/28(土) 01:54:34 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
お疲れ様でした❗v-10
2017/10/22(日) 11:59:12 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック