ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
ノーザンホースパークマラソン2016
2016年05月23日 (月) | 編集 |

5月15日(日)

ノーザンホースパークマラソン2016が開催されました

16スタート地点
いい天気に恵まれました

例年通り、最初はペアラン2.5㎞
16ペアラン
スターターは右手に写る勝己社長

続いてこの大会メインイベントと言ってもいいトレイルラン7㎞
16坂路入口
競走馬調教用の坂路(はんろ)コースが組み込まれています

みんな立ち止まって
16坂路入口2
写真撮りまくり

走り心地はいかがでしたか?
16坂路内部

参加ランナーにはオーナーや牧場関係者はもちろん、前日も前々日も手術でほとんど寝ていない獣医師の先生の姿も(先生、カッコよかったです)



トレイルランを毎年先導してくれるのは

国内G1(菊花賞)、国際G1(メルボルンカップ)の覇者、そして日本馬で初めてオーストラリア最優秀長距離馬となった

デルタブルース号
デルタ2016
坂路を下りてきたランナーたちを待っていてくれました

一緒に写真撮ってー!って引っ張りだこでしたよ

今年のコースは少し変更され、坂路が後半に移動していました

毎年参加されていると思われるランナーさんが「今年は坂路走らせてくれないのかなぁ」と不安そうにつぶやかれたので

「安心してください。この後ちゃんと走りますよ

と声をかけると周囲でホッとした笑いが起きました

するとその直後、馬に乗って応援にやってきた方が!

なんと勝己社長ではないですか!!!

「しゃちょーーーー

ランナーみんなで手を振ります 社長もニッコニコ


「凄いね、社長さんが馬に乗って応援してくれるなんて、ちょっと感動する」

女性たちの声が聞えました

このコースは制限時間も長いので、最初から歩いている方もいます

楽しみ方は人それぞれ

そしてみんなが笑顔なんです


トレイルが終わるとハーフマラソンのスタート

私はハーフの準備に向かいましたが

ご飯をゆっくり楽しむ方たちもいます
16ごはん
美味しかったね

ランナーはボランティアの応援に励まされ

馬たちの応援に励まされます
16きんちゃん


エイドでは水やスポーツドリンク、とうもろこしやパークの手作りパン、そして冷たくて美味しい牛乳も提供されます

とうもろこしと牛乳はここで口にするのが一年で一番美味しく感じるんですよね



ハーフが終わると、チャリティーオークションが始まります

コンサドーレのマスコット
16ドーレくん
ドーレくんもお手伝いに来てくれていました



トレイルランを走ったオーナーに聞きました

「愛馬がいつも調教している坂路コース、実際走ってみていかがでしたか?」

「これからは"うちの馬、足遅い"って絶対言わないっ!誉めてあげようって決めたよ



いろんな大会を走ってきましたが、今回あらためて気づいたことがあります

コースに広がる広大な景色に両手を広げ空を仰ぐランナーがとても多いことです

後ろから見る姿は感動的でした

初めてこのマラソンを走った日を思い出しました

大会を実現するため尽力した先生の想いを感じ、並べられたパイロンを見るだけで胸がいっぱいになったこと…




この日一緒に笑い合い、走り合ったみなさんに感謝します

幸せな一日を本当にありがとうございました
16ジェンティル
(会場でひときわ目立ち、記念写真ラッシュになっていたジェンティルドンナ号と父キングカメハメハ号の初仔の写真)




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック