ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
第58回道営記念
2015年11月16日 (月) | 編集 |

一年はあっという間ですね

11月12日(木)

ホッカイドウ競馬では今年最後のレース、道営記念が開催されました

今年は3回ほどしか現地観戦できませんでしたが、毎年道営記念だけはどうしても行きたいと思っています

昨年は雪が降って極寒でしたが、今年はちょっぴり暖かめでしたね

パドック横には今年も誘導を頑張ってくれた

テン太号もスタンバイ
テンタ2015
たてがみも編んでもらって特別仕様

パドックの様子
道営記念2015パドック
お客さんもたくさんいらしてます

優勝馬のレイ
58th道営記念レイ
どの馬が身にまとうのかな

静内高校の生演奏ファンファーレでレースがスタート

第58回道営記念を制したのは

田中淳司厩舎のグランプリブラッド号(牡6歳・父ディープインパクト)でした
グランプリブラッド016g3
鞍上は服部騎手



関係者のみなさん、おめでとうございます!
道営記念淳司先生と服部ジョッキー

道営記念口取り




引き返してくる馬たちを待つ検量室前

ここには下河辺さん達がとても嬉しそうに愛馬を待っていました

なんと11番人気だった川島洋人厩舎のビッグバンドジャズ号3着になったのです

鞍上は高知競馬の別府真衣騎手

パドックでもサイン攻めにあい、なかなか騎手控え室に来られないくらいの人気でした

その彼女が素晴らしい騎乗を魅せてくれたのです

「よくやったね!」 「凄かったよ!」

そんな声の中にいた真衣騎手はとっても輝いていました

彼女の起用を決めて尽力してくださった方に話を聞きました

「女性騎手の中でもトップクラスの実力があるのに北海道での経験がまだなかった。彼女はね、馬が大好きなんです」

チャンスを与えられた彼女は結果で応えました

真衣騎手、またぜひホッカイドウ競馬でその素晴らしい勇姿を見せてくださいね




道営記念優勝の田中淳司厩舎は先日100勝を達成し、今季のリーディングトレーナーとなりました

ご自宅にはお花がたくさん届けられていました

我が診療所からもケーキをプレゼント
ケーキ
もちろんパサパさんの特製



今年もう一つ嬉しかったのは

五十嵐冬樹騎手の復活

リーディングジョッキーとなった冬樹騎手の記事です
五十嵐ジョッキー記事
翌日の日刊スポーツ紙より

一時期は歩いているのを見ていても心配でたまらなかった

自分で決断し、大きなケガも自身の力で乗り越え、再び頂点に立った彼を私たちは誇りに思います

本当におめでとう

そしてお帰りなさい




これからホッカイドウ競馬は春までお休みしますが

門別競馬場内にはすでに100頭以上の一歳馬が入厩しています

人も馬も一番ケガをすることが多くなるブレーキング(馴致作業)がもうすぐ始まります

みんな気を付けて欲しいと思います

来年もファンのみなさんと胸が熱くなるようなレースを期待しています

今季もあたたかな声援、本当にありがとうございました
道営記念二人
来年もここでスタッフと共にみなさんをお待ちしています





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック