ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
札幌2歳ステークス
2015年09月13日 (日) | 編集 |

今年のJRA北海道開催

現地観戦できたのは函館一回、札幌一回

今年最初で最後の札幌競馬観戦は9月5日(土)でした

晴れ予報でも雨を降らせちゃう雨女はこんな写真を撮ってきましたよ

虹といちごけずりのコラボ
moblog_9008f4c7.jpg


場内にはオグリキャップのエリアもありました!
moblog_2d5ccabd.jpg


この日のメインは札幌2歳ステークス

担当のホッカイドウ競馬チーム、そして生産に関わったアドマイヤエイカン号を応援

パドックに入る時に田中淳司先生が気づいて微笑んでくださいました
moblog_04625065.jpg
右のグレーのスーツの方です

ライブ競馬はやっぱり楽しいですね

ファンのみなさんの笑顔もまぶしかったなぁ
moblog_dd6c108b.jpg



優勝したのはアドマイヤエイカン号でした

口取りに参加させていただきました
moblog_08de535a.jpg
(Photo/競馬ラボさん)


表彰式
moblog_6cfbac51.jpg
関係者のみなさん、おめでとうございます!


私は競馬を終えた人馬を見るのがたまらなく好きです

アドマイヤエイカン号と担当の今浪厩務員の後ろ姿
moblog_c8b420d0.jpg
二人をずっと見送っていました


この日の夜は近藤オーナーより焼肉をごちそうになりました

ノーザンファームのみんなと叙々苑
moblog_34e18925.jpg


そして後日、ノーザンファームさんの祝勝会へ招待していただきました

みんなでレース回顧
moblog_7d72be2e.jpg
社長も一緒です

ノーザンホースパークの美味しいスイーツもいただきました
moblog_75ad10a8.jpg


生産担当として一番気になるのは、育成時代そしてトレセン厩舎での様子です

パーティ会場で、担当の方々から聞くことができました

育成時代は… 「とにかくタフだったね」

厩舎では須貝調教師いわく… 「人が大好きな馬なんだよ」

生産に関わった牧場スタッフも私たち獣医師も、、これ以上ないくらいの言葉を聞くことができました

一頭の馬が競走馬としてデビューするまでには、多くの人が関わっています

みんなの喜ぶ顔を見て何度も涙をこらえました

これからも無事に、みなさんにかわいがってもらって欲しいと思います

今日もどこかで、未来の勝ち馬が大好きな人と一緒に過ごしていると思うと胸がいっぱいになります

また競馬場でファンや関係者の笑顔が見られますように

頑張った馬たちがたくさん誉められますように




北海道開催、もうちょっと長くあると嬉しいね






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック