ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
Stay Gold
2015年02月09日 (月) | 編集 |

2015年2月5日

種牡馬ステイゴールド号が天に旅立ちました

21歳…サラブレッドでは高齢といえる歳でした

彼は1996年12月1日に阪神競馬場でデビューし、2001年12月16日香港競馬場でのレースを最後に引退

50戦7勝の成績以上に彼のレーススタイル、そして個性あふれる性格に魅力を感じていたのは私たち関係者だけではないでしょう

ブリーダーズ・スタリオンステーションで種牡馬生活を送っていた頃の様子をごらんください


馬房は産駒のナカヤマフェスタ号(右)の隣でした
moblog_a2394513.jpg
二頭はどんな会話をしていたのでしょうね


ステイはニャンコに優しかったね
moblog_6de7a547.jpg



「あ…」
moblog_2a460a4a.jpg



フェスタ 「とうちゃん、ニャンコ行っちゃったね」
moblog_032b1c17.jpg
ステイ 「うん…行っちゃった」



馬に携わる方の多くがそうだと思いますが

馬の死は…何度経験しても慣れることはありません

そんな時、そばにいる命に支えられることがあります

いなくなった馬の血を継いでいるならなおさらです





ステイがいなくなった翌日

スタリオンではナカヤマフェスタ号の種付けがありました

種付けを終え、スタッフから撫でてもらうフェスタ
moblog_37975c6e.jpg
「お疲れさま」



馬房に帰ったフェスタは相変わらず愛嬌いっぱい

ベロを出す仕草もいつも通り
moblog_596f6f08.jpg


スタッフに引っ張ってもらってご機嫌
moblog_10fff343.jpg
いつもと変わらない馬たちには癒されます





フェスタの馬房の隣は

きれいに寝藁が敷かれ、新しい乾草が置かれていました

主のいない馬房には
moblog_51476748.jpg
祭壇が設置されていました


ステイゴールド号は人に媚びる馬ではありませんでした

病気もせず

獣医師の手のかからない馬でした

そして

最後の最後まで弱みを見せず

どんなに苦しくても耐える馬でした

それは彼の決して諦めないレーススタイルと同じ

種牡馬になってからも、その実力で自らの評価を大きく変えました



聡明で、勇敢で、孤高で、カッコよくて…

私たちはそんな貴方をもっともっとみていたかった







「まだ実感がわかなくて…」

スタリオンのスタッフはいつも通りに馬房を整え

いつも通りに彼の名前が書かれた飼い葉おけを置いています
moblog_7c97abaf.jpg


ステイが旅立った日は夕陽の美しい日でした

これからゆっくり貴方の居ない日を受け入れていくのでしょう

そして貴方の偉大さをこれからもっと感じるでしょう

産駒たちに面影を探し

産駒の走りに心を躍らせながら

私たちも前に進もうと思います





「ステイはファンの馬でもあったんです」

ブリーダーズ・スタリオンの方が言っていました

いつも一緒にいたスタッフの方々は悲しい思いをしているはずです

偉大な種牡馬と、最期まで寄り添ってくれたことに心から感謝します



ステイゴールド号の遺骨は

今日9日の夕方、スタリオンのみんなのもとに帰ってきました

これからもみんなのそばでずっと見守っていてください

どうか安らかに…




moblog_f5ebea07.jpg
Good-bye, Warrior
Rest In Peace



コメント
この記事へのコメント
みなさんへ
讃良光さま、セイントファームさま、すみれさま、ともちんさま、いちごさま、hitoさま

メッセージありがとうございました。
あらためてステイゴールド号は素敵なファンと一緒に歩いてきたんだと実感しました。
コメントを何度も読み返しています。
これからも一緒に応援させてくださいv-410
2015/02/12(木) 23:58:05 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
ステイゴールド・・・
幸せだったよね、でももっともっと長生きしてほしかったよ。
なんでこんなにも突然にお別れしなくてはならないの?
さみしいよ。悲しいよ。残念でたまりません。
愛さずにはいられない・・・ステイゴールド安らかに。
ありがとう、忘れないから・・・。

あたたかいブログありがとうございました。
2015/02/12(木) 12:21:02 | URL | hito #-[ 編集]
ありがとうございました。
涙が止まりません。ステイは幸せだったんですね。それだけで私も幸せです。ありがとうございました。
2015/02/11(水) 10:13:54 | URL | いちご #-[ 編集]
中山競馬場まで原付で行けば15分くらいの所に住んでいる私にとって、当時はステイに会おうと思えば東京競馬場遠征も含めると年に何回かは会えていました。
ステイに最後に会ったのは引退式のために初めて行った京都競馬場でした。
今日までいつか会いに行こうと思って叶わず、とうとうステイは旅立ってしまいました。
だけどきょうこのブログを読ませて頂き、ステイがスタッフの皆さんから愛されて穏やかで優しい時間を過ごせていたのだと知り、胸が熱くなり、沢山泣きました。
ブログに書かれていた通り、私も産駒達にステイの面影を見つけつつ、さらにステイゴールド系が広がって行くのを楽しみに応援して行こうと思います。
あたたかいブログ記事ありがとうございました。
ステイ……どうか安らかに。
2015/02/11(水) 00:21:30 | URL | ともちん #-[ 編集]
🏆STAY GOLD🐎
ステイゴールドとナカヤマフェスタの貴重なお写真とエピソードを教えてくださってありがとうございます🙇

彼のカケラを形見分けしていただいたみたいで、ステイゴールドをすごく身近に感じています🐴

現役時代とは見違えるほど優しい顔つきになっていて、しあわせに過ごしていたのだな~とうれしく思っておりました。

タフな馬生を送ってきたのだから、孝行息子のナカヤマフェスタと隣同士の夢のような馬房で、たくさんの愛に包まれていつまでも元気に、にゃんこたちとも戯れて居てほしかった😺

自らの血を後世に残せるサラブレッドは特別です。

ステイゴールドの子孫たちが気高くて、賢くて、意思が強くて、どうしたって愛さずにはいられなかった彼の個性を、ずっとずっと語り続けてくれますように🌟
2015/02/09(月) 23:55:18 | URL | すみれ #-[ 編集]
ステイゴールドありがとう。 先生いつもブログありがとうございます。
2015/02/09(月) 23:27:29 | URL | セイントファーム #-[ 編集]
ナカヤマフェスタの写真に救われたような気がしました。
ステイゴールドが亡くなって4日経ち、ようやく現実を受け入れようという気持ちになりました。
個人的には、新馬戦の頃から追いかけて、引退式も見に行った思い入れの強い馬です。
ステイゴールドにお別れを言ったり、思い出を語ったりするには、もう少し時間がかかりそうです。
いちファンの私ですら辛いのですから、直接ステイゴールドに接していたスタッフの皆さんのお気持ちは察するに余りあります。
ファンの馬でもあったと、思っていただけて嬉しく思います。
2015/02/09(月) 23:27:23 | URL | 讃良光 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック