ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
奇跡の馬、カリフォルニアカップダービーへ
2015年01月17日 (土) | 編集 |

moblog_d5587252.jpg
Tough Sunday(Photo by Alexis Garske)


3年前、米国カリフォルニアで難産の末に生まれた新生仔

胎仔は大きく、引き出そうとする際に臍帯(へその緒)が切断してしまいました

生まれたのは低酸素状態から盲目で耳も聞こえず、哺乳行動もない牡の仔馬

このような状態を「新生仔不適応症候群Neonatal Maladjustment Syndrome(NMS)」と呼びます

他にダミーフォール、ライオン病、低酸素虚血性脳症などとも呼ばれます

すぐに近くの病院に搬送しICUに入院

「たくさんの針やチューブをつながれて、まるでピンクッション(裁縫で使う針刺し)のようだったよ」

オーナーのアレキサンダー氏は当時を振り返ります



母馬は反応のない仔馬に興味を示さず、育仔放棄

仔馬の状態は変わらず、目が見えず、耳も聞こえず、心雑音があり、肺炎も併発しました

入院5日目、オーナーは決断を迫られます

このまま治療を続けるのか、それとも…

悩んだ翌朝、入院馬房に向かったオーナーが中にいる仔馬の様子をのぞき込みました

すると仔馬はこれまでなかった仕草を見せました

「両目が俺を追ったんだよ…あいつには俺が見えてる!見えるようになったんだ!」

「…もうそれだけで俺には十分だったよ」



退院するまではそれから一ヵ月もかかったそうです

Tough Sunday(タフサンデー)号と名付けられたその馬は、昨年末サンタアニタパーク競馬場のレースを6馬身以上の差で勝利し

次走をカリフォルニア・カップ・ダービーに決めました

米国の年度代表馬候補のカリフォルニアクローム号が昨年勝ったレースです




日本にもほんのわずかですが同じような状況を乗り越えてデビューした馬がいます

毎年競馬業界をにぎわせる年度代表馬の選出

米国ではもうすぐ、現地時間の17日発表になります

私たち獣医師にはもちろん、馬に関わる全ての人に、自分だけの年度代表馬がいると思います

声援を受けることもないかもしれない…成績もパッとしないかもしれない…それでも心にずっと残る大切な馬なんです



Tough Sunday号のオーナーは言っています

「年度代表馬に"勇気"の部門があったら、こいつが最有力候補さ」



カリフォルニア・カップ・ダービーは今月24日サンタアニタパーク競馬場で開催されます

生きているだけで奇跡ともいえるこんな馬を、そしてそんな馬と共に歩んだ関係者を、私は応援したいと思います



参照記事「Miracle colt: Horse born blind and deaf makes it to the winner's circle」


コメント
この記事へのコメント
黒猫さま
こういう部分に光が当たってくれるのはとても嬉しいことですよね。馬と馬と生きる人たちの素晴らしさが多くの人に伝わりますようにv-354
2015/01/22(木) 22:55:38 | URL | ハリケーンドクター #tHX44QXM[ 編集]
キタキツネさま
いよいよレースですね。私も応援します!
2015/01/22(木) 22:52:59 | URL | ハリケーンドクター #tHX44QXM[ 編集]
「忍耐」の部門もほしいですね!
馬が人に対して与えた栄誉にではなく、馬自身を
讃えてあげられる土壌が世界の馬関係者に
できますように。
この一見は大きな前進につながると期待しています。
2015/01/21(水) 08:31:45 | URL | 牧場の黒猫 #-[ 編集]
応援します!
2015/01/20(火) 20:29:37 | URL | キタキツネ #y1mocr.o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック