ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
ホースマンは永遠
2007年02月26日 (月) | 編集 |
今回は

私のお話を聞いていただけるでしょうか

恐縮なんですが・・・



みなさんもご存知と思いますが

中央競馬会の調教師さん8名が

今月で引退されます



そのなかで

山本正司調教師について

書きたいと思います



私が競馬にハマったきっかけ

それは

オグリキャップでした

当時は小動物の獣医師になりたかったのですが

この馬をきっかけに

馬にも興味を持ちはじめたのです


でも

この世界に入ろう

そう決心させたのは

キーストンでした


キーストンについてはいろんな記述があり

私が生まれる前のことでしたので

あえてここでは詳しく話しません  JRAのサイトはこちらをどうぞ

ただ言えるのは

無事であれば勝っていただろうレースで

左前肢を脱臼し

ブラブラの肢をひきずって

気を失った騎手のところまで近寄っていった馬がいました

それが

キーストンでした

そしてそのときの騎手が

山本先生だったということです


山本先生とは

偶然

出会いました

タタソールのセリ場でした


先生の姿を見つけた私は

失礼なことも省みずに近づき

声をかけました


「山本先生・・・でしょうか」

「そうですけど・・・」


そこで簡単な自己紹介をし

隣に座りました

当時単身でイギリスに滞在していた私は

先生に

競馬の世界に入りたいと思っていること

以前からお会いしたいと思っていたこと

そして

今の行動はキーストンがきっかけだったと思い切って話したのです



先生が私の方を向きました



「僕もね・・・」


「僕もあの馬がいなければ、今の自分はありませんでした」



そうおっしゃって笑いかけたんです



この言葉を聞いて

胸が熱くなりました



キーストンの出来事がきっかけではありましたが

こんな人が馬の世界にいるんだ

そう思ったことで

競走馬の世界に入る決心がついた気がします


後に雑誌の取材で山本先生は

「あの話は美化されていると思う」

そう語っています

私もそうかもしれないと思います

でも

この世界には

こんな素敵なホースマンがいっぱいいるんです

この魅力にとりつかれたら

もう離れられません



これから

ファンのみなさんに

馬の魅力と

ホースマン(ウーマン)たちの

魅力を

非力ながら

伝えることができたら・・・

そう思っています



引退される調教師さんたち

お疲れさまでした

でも

ホースマンは永遠

これからもこの世界でのご活躍をお祈りしています




コメント
この記事へのコメント
ふくにゃんさま
ハマりましたね?(笑)
いいお話はいっぱいあるんですが、掲載できることは限られてしまいます。それでも無理やり紹介しますので、またのぞいてやってください。
今日、新規調教師さんから開業の通知を受け取りました。
春ですね・・・。
ながーーい書き込み、大歓迎です!
2007/02/28(水) 18:04:15 | URL | ハリケーンドクター #-[ 編集]
馬と人
私もオグリキャップと池江厩務員のお話から
馬やそこにかかわる人達の物語に魅かれた一人です。
山本調教師とキーストンにも感動しました。
「キーストンが生きていたら騎手をもっと続けていた。
子供に乗ってみたかった。」とある雑誌でインタビューを
受けてそう言っていたのが心に残りました。

またディープの面倒を見ている森田さんという方も
ノーザンテーストが亡くなったときにノーザンとの
素敵な話を聞いてこんな方もいるのだなと知りました。
ノーザンの隠居生活での写真が何枚か載っていて
すごく幸せな時間が垣間見えディープもこれから
森田さんと幸せな生活を送れるのだと嬉しく思いました。

そんな裏方のホースマンの方達の素敵なお話や
お便りがありましたらまたブログで紹介して下さいませ。

いつも書き込み長くてすいません(^^;)ゝ
2007/02/28(水) 01:00:10 | URL | ふくにゃん #GPAZKWNo[ 編集]
レースは昭和42年ですね
あどさま
こんにちは。初めましてかな。
私がレースを観たのはオグリキャップのデビュー以降です(笑)
年齢、気にせずペラペラ話していたら最近、まわりに止められるようになりました。そんな年ごろhttp://blog77.fc2.com/image/icon/i/F99B.gif" alt="" width="12" height="12">です。
2007/02/27(火) 10:47:30 | URL | ハリケーンドクター #-[ 編集]
良い話ですが
もちろんドクターは、この話を後で知ったんですよね。もし生でとTVでとか見ていたとしたら、ドクターはいくつ?v-7年勘定からしてそんな小さいときから競馬見てないですよね。
でも、馬ってほんとうに、素晴らしいものですよね。

2007/02/27(火) 07:31:38 | URL | あど #bV.TEeBU[ 編集]
hig先生
先生もそんなホースマンの一人。
これからも先生からたくさん学びたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
ブログ一周年、おめでとうございます!
2007/02/26(月) 21:05:22 | URL | ハリケーンドクター #-[ 編集]
情熱の元
う~ん。良い話ですね。
キーストンの事故の話もそうですが、その話がひとりの馬医者をつくり出したんですね~。
2007/02/26(月) 20:41:54 | URL | hig #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する