ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
R.I.P. St Nicholas Abbey
2014年01月15日 (水) | 編集 |
順調に回復していました

ひょっとして助かるんじゃないか…

そんな気持ちになっていました

でも彼は闘いに勝てなかった



愛国クールモアからの発表によると

セントニコラスアビー号が14日の朝

疝痛を発症

開腹手術で結腸に重度の絞扼を認め

安楽死処置されました

獣医師としては少し気になる流れではありますが…いずれわかることでしょう



こういう場合、すぐに解剖されます

治療経過を確認し、評価し、今後に役立てるための大切な作業です

骨折箇所は予想以上に治癒が進んでいたそうです

蹄葉炎部分も良くなっていたそう



獣医師はじめ関係者のみなさんの気持ちを思うと、言葉がありません

アビー、よく頑張ったね

もう痛い思いをしなくていいんだよ

どうか安らかに…


2013 Investec Coronation Cup - St Nicholoas Abbey




St Nicholas Abbey
2007年4月13日生まれ(7歳)
父 Montjeu
母 Leaping Water

生産 愛国
馬主D.Smith
  Mrs.J.Magnier
  M.Tabor
調教師Aidan O'Brien

生涯成績21戦9勝
獲得賞金4,831,354ポンド




コメント
この記事へのコメント
hig先生
先生がブログで触れていらっしゃらないのは、いろんな思いがあるからだろうと思っていました。
確実に前進している分野なのに、症例は待っていてくれないのですね。でも今後あのような骨折に向き合う人々が増えるのではないかと思います。
…そう思えることは救いですね。
2014/01/18(土) 21:18:29 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
本当に、しみじみと、かえすがえす、残念です。痛い思いばかりさせてしまったのかもしれませんが、それでもあれだけの前肢の粉砕骨折を治せるかもしれないという可能性を見せてもらっただけでも馬と関係者を賞賛し感謝したいです。
2014/01/18(土) 05:27:39 | URL | hig #P1tgBd9U[ 編集]
札幌競馬場たのしみさま
メッセージありがとうございました。
セントニコラスアビー号は本当に残念に思います。そばにいた関係者が一番辛いでしょうね。
彼の治療から世界中が学び、これからに役立てていかなくてはいけません。
これからも馬と同様に獣医療も応援してくださいね。
2014/01/17(金) 23:59:55 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
初めまして。競馬を好きになって2年の新米です。

Twitterからこちらに辿りつきました。



本当に悲しいですね…。

苦しませない為の安楽死と頭では分かっているつもりですが、心はついてきません。


いつか、重度の骨折や疝痛も治癒出来る日が来れば良いな。


私自身は何にも役に立ず、お馬さんの無事を祈ることしか出来ませんが
アビーの頑張りが次の治療に繋がる事を切に願います。



まだまだ寒い日が続きますので、お忙しいとは思いますがお身体ご自愛ください。






2014/01/17(金) 01:26:49 | URL | 札幌競馬場たのしみ♪ #vG7LoyHU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する