ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
St Nicholas Abbey号
2013年08月08日 (木) | 編集 |

この骨折なら間違いなく、安楽死を勧めるだろう…

愛国のSt Nicholas Abbey(セントニコラスアビー)号が調教中に右前肢の繋にあたる部分、第一・第二指骨を骨折しました

オーナーはCoolmore Stud

英国でお世話になっていた獣医師が以前勤めていた牧場なので、話は聞いていました

ずいぶん悩んでいたようだったので、程度を覚悟してはいましたが

酷いものでした

Barbaro号を思い出させます

きっと執刀した米国のDr.リチャードソンもそうだったと思います

患肢には骨盤から骨移植も施されました

骨折修復には2枚のLCP(ロッキング・コンプレッション・プレート)、20本のスクリューを使用

第三中手骨にはギプス越しにピンを挿入して骨折部に負担がかからないようにしています

しかしこの手術後、アビーは疝痛を発症し再び手術

患馬への負担はかなりのものです

この数週間を乗り越えられるかが大きなポイントになるでしょう

そして大きな数週間を超えても月単位でケアが必要になります

Barbaro号は術後2か月で最初の蹄葉炎を発症し

いったん回復の兆しをみせたものの半年後に安楽死処置されました

馬の獣医師ならみんな予測し覚悟していると思いますが、決して口にはしません

Fingers Crossed

ただただ祈るばかりです




そしてお気づきの方もいると思いますが

このような貴重な経過報告を世界中に公開しているのは非常に稀なことです

獣医師として敬意を表したい

この症例を無駄にしてはいけないと思います

St Nicholas Abbey "The Road to Recovery"


動画が観られない方はここをクリックしてください






以前は「うちの馬の治療は全て先生に任せるから」

「何かあったら責任は自分がとるから自由に治療してくれ。そしてこれからの馬たちにも役立ててくれ」

そんなことを言ってくれる関係者がいて、獣医師としても薬の選択や治療法の選択を任されることで

多くの経験を積み、応用することができました

でも最近の事情もあり、このような機会が減ってきたように感じます

馬が減り、馬主さんが減り…

負の影響は計り知れないのです





これまで以上に集中してひとつひとつの症例と向き合わなくてはいけない

アビーのケースからも世界中の獣医師や関係者が学ぶでしょう

頑張って欲しい

アビーも

周りの関係者も。。。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する