ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
2013年02月24日 (日) | 編集 |

ツイッターで紹介したところ、反響が多かったBecaと愛馬のStormy号のビデオを紹介します

獣医師としていろいろ考えさせられました




彼らは1998年以来15年間ずっと一緒

しかし2005年

Stormy号は両目を失明します

獣医師は安楽死を勧めました

このビデオはその後撮影されたそうです

Beca & Stormy



動画内で紹介される新聞のタイトルに

「Stormyとオーナーにとって恋は盲目」と書かれていました





そしてもうひとつ

こちらは今春米国で上映予定のドキュメンタリー映画"Valiant"

Valiant号はその気性と運動器疾患を持っていたことで、ドレッサージに不向きとされていました

そんな時に蹄釘を踏んだことで細菌感染し、治療の経過中に全盲になります

オーナーであり生産者は故ヴィダル・サスーン氏の奥さまだったジャネット・サスーン

二人は長期にわたり多くの壁を乗り越え

やがて競技会で好成績を残すようになります

ジャネットはこう言っています

「Valiantは私に新しい世界を見せてくれた。存在する全てのものには理由があるとわかった。彼が私に教えてくれたのは信頼すること、自分を信じること、そして私たちの間には揺るぎない友情が存在するということでした」

Valiant号は現在26歳

美しい馬です


Valiant Film Trailer(予告編)




紹介したお話のどちらにも

馬と人、二人が歩む一歩一歩に

Bond、絆(きずな)が見えます





私たちはもっと馬と近づけたのかもしれない

彼らの可能性をもっと引き出せたかもしれない…





この素晴らしい生き物のことを

私たちはまだまだわかっていないのかもしれませんね







おめでとうナカヤマナイト。貴方の走りに胸が熱くなりました。写真はロンシャン競馬場装鞍所にて。
人気ブログランキング↑↑応援クリック励みになります
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する