ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
War Horse~戦火の馬~
2011年12月26日 (月) | 編集 |

クリスマスいかがお過ごしでしたか

今日は映画の紹介をしますね

25日、全米で公開された映画War Horse

スピルバーグ監督がおくる期待の作品です

日本では来年3月2日に公開

人と馬の心はどこまで近づけるのか

そんなテーマで造り上げたそうです

この映画に関しては以前から興味があり、いろいろ調べていました

監督はじめ制作に関わったスタッフの言葉には競走馬の世界にも共通した教えがあります

監督は「常に馬たちはHAPPYでなくてはいけない」と言っていました

そして「たとえ悲惨なシーンであっても、馬は誰かと対話していなくてはいけないし、集中していなくてはいけない。そして自分に与えられた仕事を楽しみ、いつも新しい何かを我々に与えてくれるように努力しなくてはいけない。」

アドバイザーを勤めたCarolは「馬は我々が正しくトレーニングすれば、どんな複雑な動きも学べる能力を備えている」

レンヌ大学の馬行動学者は「我々の研究では馬の記憶の容量は"肯定的な環境"のもとで、より優れたものになることがわかっている」と述べています

否定的な態度で接することをやめ、いつも自信を与えること

そうすれば人と馬はもっとわかりあえる

馴致も、調教も、全てに当てはまると思います





3月2日が楽しみですね


映画「戦火の馬」公式サイトはこちら


米国版予告編

コメント
この記事へのコメント
きょうこさま
War Horseは原作を読みましたが、とてもよかったです。
馬を取り上げる映画はなかなかないので楽しみですねv-410
2011/12/26(月) 23:01:39 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
きょうこです
ドクおはようございます(^-^)/

あたし、美浦の藤澤和雄先生が本に書いてた言葉を勝手に座右の銘にさせていただいてます。

Happy people make happy horse.

馬をHappyにするのは、すごく難しくて、すごく簡単なことだなあと思います。

『戦火の馬』ぜったい見に行こうっと(^ ^)
2011/12/26(月) 08:21:00 | URL | KYOKO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する