ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
骨折馬の処置に関する研修会
2011年12月09日 (金) | 編集 |


骨折や腱、靭帯などの障害時に患部が動かないよう固定・保護するため用いられる包帯材料もしくは包帯法をオランダ語で「Gips ギプス」英語で「Cast キャスト」といいます

育成馬や調教馬に多い骨折

その応急処置は予後を決める重要な作業でもあります

8日、骨折馬のキャストと吊起帯(ちょうきたい)についての講習会がありました

実習があるとのことでしたが

模型か死体肢を使うのだと勝手に思い込んでいました

しかし、実習馬が3頭も用意されていました

いくら北海道とはいえ、実習用の大動物を用意することは簡単なことではありません



参加した獣医師たちも

みんな熱心に取り組みました



実習馬はもちろん無傷の状態

鎮静剤を注射されましたが、気長に付き合ってくれました



実習最後は吊起帯、アンダーソンスリングでのデモンストレーション

この馬は鎮静剤だけで吊られていますが、すっかり脱力して気持ちよさそうでしたよ



馬用のキムジースプリントを装着中の私の足

実際にかかる負荷を直に感じてます・・・指、つってるけどね



これを見たhig先生いわく

「両足これを装着してトレーニングするとアイアンマンになれるよっ

先生まじですか!

やりますやります




参加者みんなが学びたい意欲にあふれていて

充実した楽しい講習会でした

ここまでオーガナイズすることが容易でないことはよくわかっています

関係者のみなさん、そして講師をしてくださったhig先生

先生方の思いに必ず応えられるようにします

本当にありがとうございました








コメント
この記事へのコメント
hig先生
hig先生メッセージありがとうございます。
全ての参加者が見ることも触れることもできる、素晴らしい研修だったと思います。楽しかったですねv-410
キャスト装着!やってみたかったです。実際に"感じる"ことも大切ですよね。
アンダーソンスリングの時、先生が「巨人の星みたいだな」ってつぶやいていらしたのを聞き逃しませんでしたよ!ちょうど小林先生と同じこと言ってたので2人で笑ってました。。。世代でしょうかv-415

馬たちや関係者を悲しい目にあわせないよう役立てていきたいと思います。そしていつか、hig先生がずっと感じてきた憤りを少しでも軽減できる日がきますように。。。
2011/12/11(日) 00:57:51 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
履いてみるところがハリケーンですね! 実はキャストも、どなたか腕か足を固定してもらって、固定される方の気分と辛さと安定感をリポートしてもらおうかと思っていたのですが、そこまでやらなくても充分盛り上がったので・・・・笑。
研修会が役立って、治してもらえる馬が増えることを願っています。
2011/12/11(日) 00:29:03 | URL | hig #P1tgBd9U[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する