ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
シリウスシンボリ
2011年11月12日 (土) | 編集 |







ルドルフが召されて1ヶ月

一つ年下のダービー馬は元気かな?

シリウスシンボリ29歳

いつもランニングコースで会っていますが

大先輩がいなくなった今

ただただ長生きしてほしい

そう願っています



明日のエリザベス女王杯に参戦するダンシングレイン号のハガス調教師は

シリウスシンボリが在籍していたウインター調教師のお弟子さんなんです

シリウスの話で盛り上がったことを思い出しながら

明日のレースを観戦します…





コメント
この記事へのコメント
A.F.さま
メッセージありがとうございます!
彼は海外遠征のパイオニアでしたね。いろいろなエピソードも、今は思い出として彼をそっと包んでいます。
多くの名馬が去っていった今年。できるだけ長く一緒にいてほしいと思うのは人間のエゴなのかもしれませんが、そう願ってしまいますねv-410
2011/11/14(月) 00:19:57 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
特にファンだったかと言うとそうでもないのですが、シリウスシンボリが長くヨーロッパで過ごしたことによって、あちらの競馬について色々知ることができました。そう言う点では凄く感謝しています。遠征と言うより転廐してフランス調教馬となっていましたが。ウインター厩舎はキングジョージ出走時ですね。バーデン大賞の時がどうだったかは覚えていません(汗)。帰国後の毎日王冠でオグリキャップの2着をしましたね。お年を感じる写真ですが、長生きして欲しいですね。
2011/11/12(土) 13:15:45 | URL | A.F. #6AWUBD.o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する