ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
高知遠征最終章 ~愛馬を見送るお仕事~
2011年02月19日 (土) | 編集 |

高知遠征の最終章です

高知の川はどこも美しいのですが、日本最後の清流といわれる川があります

それは四万十(しまんと)川
母なる川。清流四万十。一度来てみたかったの。
この川にはダムがありません

以前、四万十ウルトラマラソン(100km)にエントリーしましたが、見事に落選したハリドク

それでも一度来てみたかったのです

美しい・・・しばらく眺めていました

眺めた後は!

四万十の幸をいただきます

四万十市の職員から教えていただいたお店に行くと・・・

なんと

大泉洋ちゃん率いる
ロケ現場に偶然訪れたのはこれで3回め。縁があるねーと勝手にプラス思考!
「おにぎりあたためますか」のロケ現場でした

お店の大将が

「遠くからいらしてくれたから・・・」と言って
高知のあおさ海苔、これは四万十で食べたものが一番美味しかった!
サービスしてくださった、あおさ海苔の天ぷら

香りがお口いっぱいに広がります!

これも四万十ならではの味
川エビのから揚げ。お酒好きな方ならたまらないですね!
川エビのから揚げ


メインは
シーズンではないのにこの美味しさ。もう夢に出るくらい。
四万十のうなぎ!

美味しかった~

ごちそうさまでした







美味しく楽しい高知遠征

一番印象に残った訪問先を紹介します

それは

引退した競走馬に最期まで寄り添うお仕事を担う

土佐黒潮牧場さんです   HPはこちらをクリック

ここについては以前、ブログでも書かせていただきました

旅立ったオースミレパードについて書いた記事はこちらです・・・ 「最期まで一緒に」 記事はこちらをクリック



昨年の4月9日に天へと旅立ったオースミレパードの写真
一度会ってみたかった。
今も厩舎に飾られています



他にも旅立った馬たちの写真
看取った4頭の写真。胸が熱くなります。



会員さんの寄付で建てられた厩舎
寄付で建てられたレパード厩舎。みんなの想いがこもってます。



こちらは代表の濱脇敬弘さん
オーナーも面白い方。馬が好きなんです。そしてにゃんこには「こいつウザい!」と言ってました(笑)
にゃんこのコーちゃんにも好かれちゃう素敵な方



ここでゆっくりお話を聞かせていただき、馬たちもじっくり見せていただきました

そこで感じたのは

どの馬も毛づやといい、馬体といい、健康そのもの

いくつか余生を送る牧場を見てきましたが、こんなに馬の表情よかったかな?

ここは浜からの風が吹き、北側は山に守られている土地

夏は涼しく、冬は穏やかなんですって

高知競馬場から車で30分ほどなので、装蹄師も来れるし、獣医師の往診も可能



競走馬の引退後を心配ばかりしていたけれど

こんな生活が待っているなら、安心・・・

そう思える素敵な場所でした



あたたかな陽に包まれた・・・
ナムラコクオーと猫のコーちゃん。幸せオーラいっぱい。
ナムラコクオーとコーちゃん

現役時代に診療にかかわった馬にも再会できました



代表のお嬢さま、由起子さん(左)と!
ブログを書かれている由起子さん。ひと目で惹かれました。あたたかな方です。
心も体も、いつも馬たちに寄り添っていらっしゃいます


由起子さんのブログ「牧場日記」は  こちらをクリック

土佐黒潮牧場のみなさま、本当にありがとうございました







高知滞在中は、もちろんスイーツも楽しみましたよ!

ケーキも大きかったなぁー
高知スイーツ!


最終日は
抹茶のカプチーノ。龍馬バージョン。ほろ苦な味もよかったぜよ。
龍馬さんがさよならしてくれました






また高知に行きたいな・・・いつ行けるかな・・・

そんな想いいっぱいで飛行機に乗り

寒い寒い北海道へ帰りました

降りたった千歳空港で

偶然!

よーく知っている方に遭遇したんです

そこまではよくあることですが・・・

なんとこの方

高知で購入した高知競馬の新聞表紙に載る

ポートジェネラル号を担当していた
千歳空港で偶然バッタリ。しかも高知の競馬新聞表紙の馬を担当していた厩務員さん!かわいいジュニアも!
ホッカイドウ競馬の厩務員さん

新聞を見せたら、とっても喜んでいました





この世界

やっぱりひとつなんですね

1頭の馬の生涯も

その生涯に関わる人たちも

大きくて、小さくて

・・・素敵な世界






ここ数週間はなんとなく春めいてきた日高

今年度のホッカイドウ競馬4月29日(金・祝日)に開幕です






5月15日(日)開催!ノーザンホースパークマラソンのエントリーもお待ちしております!
なんと参加者の3割が道外からのエントリー。めいっぱい楽しみましょうね

人気ブログランキング
↑↑応援クリック励みになります♪
コメント
この記事へのコメント
はむさま
お返事遅れてすみませんでした!
なかなか話題にされないことですが、馬関係者の心にはいつもあることなんですよね。
はむさんがおっしゃる通り、1頭の馬の生涯に、たくさんのあたたかい心が触れられていると信じ、そのステージでできる限りのことをしてあげたいと思います。
2011/02/28(月) 01:49:25 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
まーさま
お返事が遅れてすみませんv-237
まーさんが四万十の出身だったなんて驚きました・・・と同時にとっても嬉しかったですv-238
美しい川ですね。人々に愛されて、ずっとずっと守られていてほしいです。
黒潮牧場さんって時間がゆっくり流れているんですよね。馬たちの顔を見ているとありがとうという気持ちでいっぱいになりました。まーさんの気持ち、よくわかります。
高知・・・また行きたいv-410
2011/02/28(月) 01:37:50 | URL | ハリケーンドクター #NL852uQM[ 編集]
ありがとうございます
わ~い、やっぱりぃ~e-248
ありがとうございます。素敵な牧場でしょ。
ドクター様の心も体もいつも寄り添っていますという言葉がぴったりな牧場です。
私は馬に惹かれ訪問してみて、人のファンになり会員に。
家族がいる動物ってちょっと表情が違うなと思ったりします。

四万十まで行かれたんですね!
随分遠くまで行かれましたね。
実は生まれ故郷で、2歳までいました。
覚えていませんが毎日河原で遊んでたみたいです。

龍馬のカプチーノは初めて見ました。
ケーキもコーヒーも美味しそうですね。
高知にまた行っとうせや(また行って下さい)。
ここに触発されて、今日から龍馬伝(友人の録画)を見始めました。
それにしても、ドクター様可愛いです。
2011/02/23(水) 00:19:17 | URL | まー #N5gKSUic[ 編集]
馬の余生
自分も長く乗馬をやっていて、競走馬の引退後については本当にいろいろな思いがあります。いや、競走馬に限らず、繁殖馬にせよ、乗用馬にせよですよね。

『とりあえず』自分に出来ることは、自分が接する馬に、自分が接する間だけでも目一杯の愛情を注ぐことだと思って行動しています。でもその考え方で、スキッと割り切れているわけではありません。
本当は、もっと踏み込んで考えたり、行動したり出来るはず。でもそれをしないのは、自分の考えに確信が無いからなのか、傷つくのを恐れているからなのか…自分自身でもよくわからなくなります。

だから、実際に迷わず行動を起こせている土佐黒潮牧場の方々は本当にすごいって思います。そして、馬の余生のことをもっとたくさんの人が話しあえるようになったら…それこそきっと、馬文化の発展なんだろうと思います。
2011/02/22(火) 00:59:02 | URL | はむ #W6C6lnyk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する