ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
馬の身体測定
2006年12月12日 (火) | 編集 |
ナリタブライアンと走っちゃったー
ブラリアン!
ねっ!




今日はこんな話題を・・・

多くの牧場では月に1度、馬の身体測定(測尺)を行っています

通常は体高、体重、胸囲、管囲の項目について測定します

往診先で1歳馬の測尺を行っていました


体高(たいこう)は地面からき甲までを測ります
体高


・・・ちなみにハリケーンドクターは156cmでした(帽子・靴込み)



体重計に乗っているところです
増えたかな~
400kg台が多いですが、最近は500kg台もたくさんいます


・・・ちなみにハリケーンドクターは暴れたため計量不能でした



胸囲はメジャーを用いて、ちょうど腹帯(はらおび・鞍をつける帯の通り道)の部位を測ります
腹帯部分を測ります



・・・ちなみにハリケーンドクターの胸囲・・・子馬よりも小さいですが・・・・なにか?



管囲(かんい)を測っています
管骨周囲を測ります
管骨といわれる第3中手骨の周囲を測ります(カメラ目線だ!)
通常は左前肢を測ります



・・・ハリケーンドクターの足はこれよりずっと太いですけど・・・なにか?






ここで関係者の方へ専門的なお話を・・・

アメリカで「1歳馬の測尺値と競走成績の関係について」という研究報告がありました

260頭の1歳馬を測尺し、競走成績を追跡調査したものです

それによると

1歳時の体高や腰の高さ、胸囲、体長など、馬体の大きさが大きいほどレースでの獲得賞金や勝率が高く、芝に適正がある馬が多かったそうです

しかし、管囲や胸幅、下肢部(腕関節→厩舎でいうヒザの部分から下の部位)が長くても、競走成績に差がなかったということでした




1歳馬の馬体測尺、大事なのかもしれませんね


参考文献
Journal of Equine Veterinary Science
Volume 26, Issue 5 , May 2006, 212-214


コメント
この記事へのコメント
どんな勉強でしょーか(笑)
最近、仕事してるのかネタ探ししてるのか
わからなくなってます・・・

2006/12/12(火) 00:39:00 | URL | ハリケーンドクター #-[ 編集]
とてもよくできた構成ですね。勉強になります。ありがとうございます。
2006/12/12(火) 00:28:14 | URL | へぇ~×100古い? #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する