ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
Get well soon,Lester !  早く元気になってレスター!
2007年05月19日 (土) | 編集 |
彼が活躍していたのはもうずいぶん昔


だからあまり知られていないかな


英国に THE LIVING LEGEND 「生きる伝説」と呼ばれる元騎手がいます


きっと吾輩さんはよーく知ってるよね!


その名は LESTER PIGGOTT レスターピゴット、71歳


12歳で初勝利し、57歳のときにはロドリゴデトリアーノG1を4勝


英国(エプソム)ダービー9勝(ニジンスキーサーアイヴァーロベルトエンペリーなど)


凱旋門賞3勝(うちアレッジドで2勝)


通算5300勝以上をあげ、重賞を465勝しています


66歳のときも引退ジョッキーのレースに参加しました


親日家でも有名な彼がいま、心臓疾患の再発によりスイスの病院に入院しています


3歳のラムタラがぶっつけでエプソムダービーを勝った1995年


私はクリスマスを彼らと過ごしていました


レスターは現役時代、パドックで自分の騎乗馬の前肢の一方を指差し、しきりに何か抗議していたことがありました


歩様に問題はなく、まわりは何のことかさっぱりわからず・・・


しかしレースでその馬は骨折


レスターが指差した肢でした


ラムタラが勝った翌年


エプソムダービー前のインタビューで「もし乗れるならどれに乗りたいですか?」と聞かれたレスター


「シャーミットだね」


これも3歳ぶっつけで使ってきた6番人気の馬でした


「どうして?」の問いに


「勝つから」





結果はおわかりですね


2着とは3馬身の差でした



奥さまのスーザンはパドックで馬を見るとその種馬を言い当ててしまう人でした


いろんな逸話がありますがレスターが世界競馬のヒーローであることは間違いありません


この写真


あちらの記者さんに言わせると


「何十年もこの仕事してるけどレスターのこんな笑顔は見たことがない」




もしよかったら見てください
後ろの黄色い背中はビリヤードをするシャーミットの調教師。翌年にダービーを獲るとはね・・・
スーザンによると今もお家の玄関に飾ってくれてるとか



私にとっては大事な大事な宝物です・・・


彼らを今も慕い、早く良くなってほしいと手紙を書きました


最後に添えた言葉・・・I miss you and love you.


早く良くなってね、レスター






コメント
この記事へのコメント
○○さま
数分違いでコメントし合ってますよ(笑)
レスター、独特の話し方が思い出されて懐かしいです。当時ピゴット家が飼っていたものと同じ犬種を田部先生が飼い始めたとき、なんだかうれしかったのを覚えています。
2007/05/19(土) 23:25:05 | URL | ハリケーンドクター #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/19(土) 22:59:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する