ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
ささやかな幸せ
2006年11月06日 (月) | 編集 |
ハムエッグをつくりました

玉子ふたつとも双子!!

ひょっとして…

三つ目を割ってみたら…
黄身だらけ!

きゃー

また双子!



競馬に関係なくてゴメンなさい・・・それでも続きを読んでくださる方はどうぞ・・・
あ~よかった~トクしちゃったよ~
なーんて喜んでいないで、せっかくだから専門的なお話をしよっと


ひとつの卵に卵黄が二つ入っている!

これを二黄卵(におうらん)もしくは複黄卵(ふくおうらん)と呼びます

二黄卵の多くは、若くて産卵器官が成熟していない、健康な鶏から産まれます

それでもいつも産むわけでなく、たまーにです

この二黄卵には外観上の特徴があります

細長くてとがった形をしているのです

最近見かけなくなったのは出荷の際にプロの眼ではじかれているためです

それでは双子の卵がかえると双子のヒヨコが出てくる?

残念ながらひとつの卵の中で、栄養の争奪戦になるため、ふたつとも孵ることはまずありません


これは競走馬も同じです ←おおっ!やっとウマの話



ウマの繁殖についてはシーズンがきたら、にしましょう!






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する