ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
北斗盃
2017年04月25日 (火) | 編集 |

4月18日(火)

ホッカイドウ競馬の今年度開催が始まりました

初日は重賞の北斗盃(H3)が組まれています

なんとかメインは観たいと思い、往診車を走らせました


約半年ぶりの競馬だよー
競馬場17
お客さんを待っていた灯り


ちょうど出走馬がパドックに入っていくところでした
北斗盃17-2
雨も降りだしちゃったね


北斗盃パドック
北斗盃17



優勝したのは岩手から参戦した唯一の遠征馬ベンテンコゾウ号(菅原勲厩舎・父サウスヴィグラス)でした

おめでとう!
ベンテンコゾウ

初めてのホッカイドウ競馬  初めてのナイター  

いろんな初めてを門別チームも協力して克服しました

立派でしたね!

またここ門別で待っています


初日が終了した門別競馬場
競馬場全景17

寒い中、雨も降る中、お客さまには感謝です

今年はどんな感動が待っているでしょうね

ドキドキします






今年は英国ニューマーケットの診療所に行ってきました

親しい方の家族が亡くなり、私も体が動くうちに会いたい人に会っておきたいと思ったのがきっかけでした

24年前と22年前に暮らしていた思い出の街です

今回は数日の滞在でしたが、時々ブログでも紹介したいと思います

最も重症で、最も頑張った親子
入院親子
母馬は帝王切開、腸捻転、膀胱破裂で3度の手術、仔馬は腎障害

私がいる間はICUでしたが、帰国後は通常の入院馬房に移動したそうです

そしてこの馬は

フランケル号
フランケル
種付け直後に撮ってもらった写真です

種付けも上手、受胎率も優秀、性格も温厚、馬体も素晴らしかったです

日本も負けられませんね