ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
ノーザンホースパークマラソン2015
2015年05月20日 (水) | 編集 |

5月17日(日)

今年もノーザンホースパークマラソンが開催されました

天気予報は晴れだったのですが、当日は不安定な空模様

雨あり、霰あり、風ありのエキサイティングな大会でした


今年はかわいい看板に参加ランナー全員の
moblog_dcaad14e.jpg
スタートリストが掲載されていました


舞台もいつも通り
moblog_a2c01855.jpg
ホッカイドウ競馬のビジョンが大活躍


スタート&ゴールゲート
moblog_f852bb23.jpg


大会は土曜日に駅伝が初めて開催され

主催者のノーザンファーム・チームが総動員で参加しました

「結果はどうでした? と聞くと

「自衛隊チームに優勝、持っていかれた ぐぬぬ。。。さすがですねー

来年はノーザンファームさんに優勝して欲しいです ちんたら走ってたら鞭で追うわよ



日曜日は2.5㎞のペアラン、7㎞のトレイルラン、21㎞のハーフマラソンが行われます

実は2.5㎞のペアランが一番ハード

全力で2.5㎞走るなんて信じられません



私はトレイル&ハーフのダブルエントリーでした

トレイルのコースは競走馬用の坂路コースが組み込まれているのですが

ここを走るファンの方々がとっても楽しそうなんです

写真を撮ったり、ダッシュしたり、踏み心地を確かめたり…

馬たちの気持ちも体中で理解でき、さぞかしヘロヘロになったことでしょう

じわじわ上がっていき、最後にキュッと傾斜がきつくなるのもよくわかると思います

でも嫌気がさすようなつくりではないんですよね

上がりきって開放感に包まれる、いい坂路です

そして今年もトレイルを先導してくれたのはデルタブルース号

国際G1優勝馬が颯爽と走る動画がノーザンホースパークさんよりアップされています

途中でおばちゃんが「あら!ちいさい子、来たしょー」って言ってますが

それ猫ひろしさんですから

♪ノーザンホースパーク☆デルタブルースくんの先導♪



そうそう、今年は牛乳エイドがハーフコースの終盤に移動していました

牛乳と手作りパンという最高の組み合わせを堪能しました

もう一度走りたいくらいです



レースが終わったら恒例のチャリティーオークション

今年はコンサドーレ札幌のドーレくんも登場して盛り上がりました
moblog_ce339429.jpg

稲本選手や岡崎選手の直筆サイン入りスパイクや、本田選手のサイン入りウエア

そして日本ハムファイターズの大谷選手のウエアも!
moblog_56115ed6.jpg

もちろん競馬グッズもたくさん上場されました

いつもは億単位のセリを担当する中尾さんがギャグを飛ばしまくります

ひとりでいくつも競り落とす方もいらっしゃいましたよー
moblog_7da82dc0.jpg

バイキングでお腹いっぱい食べて、ノーザンファームさんの事務所におじゃまして

この日のメインレース「ヴィクトリアマイル」をみなさんと観戦
moblog_e9852070.jpg



帰り道、パークの木漏れ日の中

晴れた空を眺めながら歩きました

一年、あっという間でした

今年も無事に走ることができてよかった

このような機会を与えてくださる主催者に、そして支えてくださる多くのファンの方々に感謝します

みなさん、お疲れさまでした

そしてありがとうございました










ホッカイドウ競馬ヒロインのジュニアたち
2015年05月12日 (火) | 編集 |

ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか

今年は桜のベストシーズンが重なり

数年ぶりに国道が渋滞しました

そんな日高は最高の季節を迎えつつあります
moblog_fb7dfdfc.jpg



まずはホッカイドウ競馬でデビューを待つ馬たちを紹介しますね

こちらは村上厩舎のクラベエ号(2歳牡・父アッミラーレ)
moblog_b5fc1d05.jpg
お母さんは倉見さんのクラダッチューノ号です

ダッチューノは村上先生の厩舎開業の1年生でした

放牧地にいる1歳だった彼女を「いい馬だねー」と言いながら先生と一緒に眺めたことを思い出します

クラベエ号、期待していますよー




こちらは角川厩舎

なんとこの仔はあのアンペア号の初仔です
moblog_5c6d6ec7.jpg
名前はバッテリーパーク号(2歳牝・父ブレイクランアウト)といいます

おおーっ電気繋がりと思いたいところですが、これはニューヨーク市内にある公園の名前

名付け親の村上オーナーによると「世界一の街の玄関口であり、歴史ある公園であり、自由の女神の島リバティアイランドに向かう埠頭であり…という縁起のよさそうな理由で決めました」とのことです(ツイッターでいただいたメッセージをそのまま引用)

しっかりと前を見据えた優しい眼差しは、ママそっくり
moblog_685ae43c.jpg
大好きな馬の仔に数年で会えるのはこの世界ならではですね

みなさん、応援よろしくお願いします





競馬開催が始まると、関係者は忙しい日々に突入します

そんな中、少ないお休みの時間を割き、担当していた馬に会いに行った方がいました

それは2011年・道営記念馬で、現役時代はクラキンコ号と競い合ったショウリダバンザイ号

バンザイちゃんに初仔が生まれたと聞いた厩務員さんです

彼から写真をいただいたので、ここで紹介させていただきます


ショウリダバンザイ号は立派なお母さんになっていました
moblog_0c56b80b.jpg


父ネオユニヴァースの牝馬です
moblog_dafcf601.jpg


厩務員さんいわく 「バンザイがすっかり優しい顔になっててびっくりしたよ」
moblog_8a493f8c.jpg


生まれてきてくれてありがとう
moblog_67d10889.jpg

バンザイと再会した厩務員さん、二人はどんな会話をしたのかな

初仔を目にした彼はどんな気持ちになっただろう…

想像しただけで胸がいっぱいになりました




先日の倉見さんも「バンザイもそろそろお産じゃないかと思うんだー」っておっしゃっていました

競馬では競い合うけれど

馬が好きで大好きで、馬と生きてきた仲間どうし

無事に競走馬となることを、みんなが願っています




日高に生まれるたくさんの命、健やかに育ちますように…