ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
待ちに待ったバドワイザーのCM
2015年01月29日 (木) | 編集 |

毎年待ち続けているスーパーボウル、バドワイザーのCM

今年は「あの犬は出てきません」

なんていうリリースがあって心配していましたが

こういう意味だったのだと納得しました

では先ほど発表された新CMをどうぞ

2015 Budweiser Super Bowl CM "Lost Dog"




2年前にリリースされた名作も一緒にどうぞ
2013 "Brotherhood"




生まれました
2015年01月24日 (土) | 編集 |

美浦トレーニングセンター・天間厩舎で調教を積んでいる白毛のユキンコ号(父アドマイヤコジーン)が注目を浴びていますね

彼女が一歳のときに牧場で撮らせていただいた写真があります

まぶしい白さ
moblog_e9dbe1a0.jpg


かわいい顔は今も変わっていません
moblog_c29ecc0c.jpg


同じ種類の動物同士でも白毛には驚く馬が多く、調教では周囲に気を使うことも…

また汚れが目立つので、時期によっては手入れが大変な時もあります

でも天間厩舎さんからはそんな愚痴はひとつも伝わってきません

いつも笑顔の絶えない厩舎のみなさんにかわいがってもらっている様子

小さかった彼女がお母さんの足もとに寄り添っていた頃を知っている立場としても(ホントにかわいかったんですよ)

嬉しい気持ちになります

どうか無事に、活躍してくれますように






我が診療所でも第一号が無事に生まれました

ちょっぴり緊張の顔を見せてくれたのは
moblog_55c272cd.jpg
ハービンジャー産駒です

生まれてきてくれて
moblog_18ed734b.jpg
ありがとう



私は馬と寄り添う、人の表情が大好きです

こんな瞬間に出会えると
moblog_eebbcaa5.jpg
とても幸せな気持ちになります


母馬や牧場の方たちからたくさんの愛情を受けて

厳しい競馬の世界へ旅立っていくんですね

まだまだ寒い日高ですが

仔馬が生まれると春が近づいたように思えます





奇跡の馬、カリフォルニアカップダービーへ
2015年01月17日 (土) | 編集 |

moblog_d5587252.jpg
Tough Sunday(Photo by Alexis Garske)


3年前、米国カリフォルニアで難産の末に生まれた新生仔

胎仔は大きく、引き出そうとする際に臍帯(へその緒)が切断してしまいました

生まれたのは低酸素状態から盲目で耳も聞こえず、哺乳行動もない牡の仔馬

このような状態を「新生仔不適応症候群Neonatal Maladjustment Syndrome(NMS)」と呼びます

他にダミーフォール、ライオン病、低酸素虚血性脳症などとも呼ばれます

すぐに近くの病院に搬送しICUに入院

「たくさんの針やチューブをつながれて、まるでピンクッション(裁縫で使う針刺し)のようだったよ」

オーナーのアレキサンダー氏は当時を振り返ります



母馬は反応のない仔馬に興味を示さず、育仔放棄

仔馬の状態は変わらず、目が見えず、耳も聞こえず、心雑音があり、肺炎も併発しました

入院5日目、オーナーは決断を迫られます

このまま治療を続けるのか、それとも…

悩んだ翌朝、入院馬房に向かったオーナーが中にいる仔馬の様子をのぞき込みました

すると仔馬はこれまでなかった仕草を見せました

「両目が俺を追ったんだよ…あいつには俺が見えてる!見えるようになったんだ!」

「…もうそれだけで俺には十分だったよ」



退院するまではそれから一ヵ月もかかったそうです

Tough Sunday(タフサンデー)号と名付けられたその馬は、昨年末サンタアニタパーク競馬場のレースを6馬身以上の差で勝利し

次走をカリフォルニア・カップ・ダービーに決めました

米国の年度代表馬候補のカリフォルニアクローム号が昨年勝ったレースです




日本にもほんのわずかですが同じような状況を乗り越えてデビューした馬がいます

毎年競馬業界をにぎわせる年度代表馬の選出

米国ではもうすぐ、現地時間の17日発表になります

私たち獣医師にはもちろん、馬に関わる全ての人に、自分だけの年度代表馬がいると思います

声援を受けることもないかもしれない…成績もパッとしないかもしれない…それでも心にずっと残る大切な馬なんです



Tough Sunday号のオーナーは言っています

「年度代表馬に"勇気"の部門があったら、こいつが最有力候補さ」



カリフォルニア・カップ・ダービーは今月24日サンタアニタパーク競馬場で開催されます

生きているだけで奇跡ともいえるこんな馬を、そしてそんな馬と共に歩んだ関係者を、私は応援したいと思います



参照記事「Miracle colt: Horse born blind and deaf makes it to the winner's circle」


「馬の動き」が発売されます
2015年01月12日 (月) | 編集 |

いよいよ「メカニズムから理解する"馬の動き"」が発売になります

発売日は今月19日

アマゾンでは予約開始しています



出版社のサイトからも予約できます「緑書房のサイト」

なお、本文中に訂正がありますので、購入された方は参照にしてください(pdfファイルです)「訂正とお詫び」



芦毛馬や白毛馬の体表にカラーで書き込むのは海外ではとてもポピュラーな教育方法になっています

馬はどう思うかわかりませんが(笑)とてもわかりやすいですよね

売れ行きによっては今後もこのような本が出版される可能性が高くなるそうです

みなさん、一緒に応援&勉強しましょう




あけましておめでとうございます
2015年01月02日 (金) | 編集 |


明けましておめでとうございます

1月1日、馬たちもひとつ歳を重ねましたね



みなさんはどんな初夢を見ましたか?  !?!!!

私は馬のある難病に治療方法が見つかったという夢を見ました

覚めて欲しくなかったなぁー



今年はお天気に恵まれた北海道

初詣に行ってきました
moblog_58461130.jpg
北海道神宮です

昨年についてのお礼と、今年のことをお祈りしてきました

お参りの帰りは六花亭に
moblog_f60c64b8.jpg
そう!例のアレです、アレ


焼きたての
moblog_b1ee3f7e.jpg
判官さま

三が日は無料で焼きたてがいただけますよ




昨年のこと、いろいろ思い出しています

夏に訪れた美瑛
moblog_2e71fa55.jpg
旭川出張の時は通り過ぎるだけでした…美しいですね



こちらは桜花賞優勝のハープスター号
moblog_bd9b27ee.jpg
一緒に歩様を見ていた秋田先生が話しかけてくださった瞬間

その言葉が私が言ったのと同じでタイミングも同時だったのでビックリしました



夏には舞台「War Horse」に招待していただきました
moblog_fc3e465a.jpg
馬と人の歴史は心に深く残っています



秋は改装された札幌競馬場へ

札幌2歳ステークスでは
moblog_e5bad23a.jpg
小島茂之厩舎のブライトエンブレム号の勇姿を観ることができました

小島先生はじめ関係者のみなさん、おめでとうございます



日々の往診先では
moblog_774d6bb3.jpg
こんな癒しも
いやいや、この後で強烈な猫パンチを浴びたんだったわぁー←網戸に穴が開いていたのだ



いろんなお別れもありました…

種牡馬になったデスペラード号と
moblog_81db8a2f.jpg
来年あなたの子どもたちに会えるのが楽しみです



みなさんからたくさんの支えをいただいたことに感謝します

今年もどうぞよろしくお願いします

人馬ともケガや病気の少ない一年になりますように

競馬場に、そして世界中がたくさんの笑顔であふれますように