ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
セレクトセール2014
2014年07月28日 (月) | 編集 |

7月14日(月)、15日(火)

ノーザンホースパークで競走馬のセリ、セレクトセール2014が開催されました

前もっていただいていた
moblog_7d2d93e1.jpg
ノーザンファームさんの冊子で予習

この子たちは
moblog_de9c6d89.jpg
これからどんな馬主さんのもとへ旅立つんだろう

思いを巡らせます


会場には

フェラーリのブースも!
moblog_365a3fe3.jpg
右の車は3000万円、左は4000万円だそうです

担当の方に聞きました

「何て言って売り込むんですか?


「馬と違って悪癖がないですよ!って…

でもある馬主さんに言ったら

"でもこいつは凱旋門に連れて行ってくれないよ"

って言われちゃいました



私はそんなオーナーの方々に創られたオーラを会場で存分に感じることができました

今年も多くの人馬が

一緒に夢を追いかける姿が見られますね

精一杯応援したいと思います



さあ函館へ
2014年07月19日 (土) | 編集 |

今日19日(土)は函館2歳ステークス

ホッカイドウ競馬から3頭が参戦します

紹介しましょう

林厩舎のタケルオウジ号(牡・父スウェプトオーヴァーボード)

彼の祖母は1999年に同レースを制したエンゼルカロ号です

鞍上はカロちゃんと同じ井上俊彦騎手

もう一度あの時の興奮を味わいたいですね

生産は明日の函館記念に出走するナカヤマナイト号の沖田牧場さんです





こちらは先日も紹介した

小野厩舎のティーズアライズ号(牝・父ワイルドラッシュ)
moblog_40e01c04.jpg
前回とちょっと違う写真にしました

とーーーってもかわいいんですが

レースになるとスイッチが入るんです

牡馬を蹴散らして欲しい





そして

田中淳司厩舎

エンターザスフィア号(牡・父ヴァーミリアン号)
moblog_f1e37b94.jpg
今回はエンターくんいわく「いろいろすまないねぇ」の図

二人はいつもこんな感じ

実は担当者、この写真を撮られていること知らないんですよ

こういうシーンがたまらなく好きです




2007年ハートオブクィーン号がこのレースを優勝してから7年

再びホッカイドウ競馬に勝利がもたらされるか…

祈りを込めて見守りたいと思います

そしてみんな無事に帰ってきてね




今日はどっかの雨女も現地に向かいます

雨…降ったらごめんね←先に言っとく


Return Of The King 王の帰還
2014年07月16日 (水) | 編集 |

カリフォルニアMira Lomaのセリ

檻に入れられたその去勢馬は頭をうなだれ、やせ細り、後肢は大きく腫れていました

このままだともっと酷い状態になる

馬の愛護団体を運営しているミーガンさんは300ドルで彼を買い取りました

「この金額の価値はなかったと思う。でもその状況から抜け出させるにはこうするしかなかった」

馬の状態からわかることは、これまで酷い扱いを受けてきたこと

検査の結果、関節炎と古い骨折が判明しました

それは米国で禁止に向かっている残虐なロデオ(ショッキングな映像が含まれます 。電気刺激を加えたりして動けなくなるまで一頭を追い詰める競技です)"Horse Tripping"で使われた馬によくみられる状態でした

ミーガンは馬の上唇に彫られている個体識別のタトゥーを照会

その馬は米国でサンタアニタ競馬場でも勝利したことのある馬でした

そしてこの馬のオーナーは

2008年のクリスマスイブ、ロス郊外であった銃乱射事件の被害者だったことがわかったのです

この事件でオーナーの家族や血縁の9人が殺されました

翌年の1月に彼はまるで亡くなったオーナー家族にささげるような勝利をあげます

事件により経済的にも厳しくなった遺族はこの馬を手放します

そして数年後、馬のセリに出されたのです

Return Of The King
Photo:LA Times

ミーガンさんによると「人のことが大好きで馬というより犬のよう」

厩舎に腰かけると彼女の膝に頭を置くんですって

2002年に生まれた彼は、当時から「三冠狙える馬だ」と言われていたそう

元愛馬が愛護団体にいると聞いた元オーナーはミーガンさんから肢の状態を聞き「もう彼に乗ることはできない」と知り悲しくなったと言っています

どこかで走っていないかとインターネットで調べていたこともあったそう…でも情報は得られなかったと

そしてこの馬が生きていることを知った生産者のキーオさんが名乗りを上げます

「彼をこの世に誕生させたのは自分なんだ。責任を持って引き受けたい」

現在ミーガンさん達は彼を生まれ故郷に戻すべく、募金活動を行っています

元のオーナーはこう言っています

「一度彼に会いたい。あいつは家族のお気に入りだったから。家族の一員だったから」

馬の名前は

Return Of The King(王の帰還)
Winner.jpg
Photo:LA Times

数奇で悲惨で辛かっただろう時を乗り越えた王が

再び大好きな人間と過ごせる場所に還ってきます

幸せな日々がずっとずっと続きますように
shower!.jpg
Photo:LA Times


"Horse going to greener pastures after owner's heartbreaking tragedy" 引用記事(Los Angeles Times)


2歳重賞「栄冠賞」
2014年07月10日 (木) | 編集 |

ホッカイドウ競馬は新馬戦が日本で一番早く新馬戦が観られる競馬場

そして日本で最も早く行われる2歳重賞が開催される競馬場でもあります

7月1日(火)

その栄冠賞(H2)を制したのは

小野厩舎、そして鞍上・松井騎手

ティーズアライズ号(牝馬・父ワイルドラッシュ)でした
moblog_fb1ee09c.jpg
中央の赤いメンコの馬です



勇敢なイメージの彼女ですが

厩舎での表情は…

とってもとっても
moblog_b00ef8a1.jpg
かわいいんです

本当によく頑張ったね

小野先生、松井騎手、関係者のみなさん

おめでとうございます




先日、今年初めての門別競馬観戦に行きました

いつもは厩舎エリアで終わってしまうのですが

たまにはいいですね
moblog_6ee2eb9a.jpg
こちらは愛するパサパさん

早い時間にのぞくと

小径カフェにも
moblog_6e051458.jpg
美味しそうなものがたくさん並んでいます

私のおススメは

シナモンロールと
moblog_0eda05d3.jpg
チーズケーキ

この日は牧場の差し入れ用に前もって多めに頼んでおきました

みなさんもご来場の際はぜひ食べてみてくださいね



場内のジンギスカンも

昨年より
moblog_9ff9c255.jpg
もっと美味しくなっていましたよ





今年から誘導馬のテン太号には新しいパートナーが寄り添ってくれています

テン太ったら…
moblog_c2738a68.jpg
幸せそうな顔しちゃってー



この夏も多くの方々が馬産地競馬を楽しまれますように



ポニーばんば
2014年07月01日 (火) | 編集 |

29日の日曜日

恵庭で開催されたポニーばんばを観戦しに行ってきました

往診先の牧場から参戦する馬たちがいると聞いたので応援です

差し入れは
moblog_8ce2e31c.jpg
やっぱりこれでしょ 



どんなものかとYoutubeで予習して行きましたが

想像以上に迫力あって



素敵なイベントでした
moblog_7c2c5280.jpg


大暴れしちゃったり!



人と馬のシーンに見とれたり
moblog_7e929511.jpg


小さいころから馬の接し方を学ぶ姿を
moblog_dc46baae.jpg
羨ましく思ったり


往診先スタッフの違う一面を見たり



その人馬が
moblog_dc65e28d.jpg
一位入線しちゃったり


牧場のみんなとのバーベキューも楽しかったね
moblog_316036d5.jpg
お肉は松永幹夫調教師からの差し入れでした


お餅投げのイベントでは
moblog_316deb29.jpg

たーくさんゲット






北海道では私たちが生まれるずっとずっと前から

馬と人は一緒に生きてきて

moblog_1ed2532a.jpg

これからもこうして生きていくんですね

人と馬の文化はまだ知らないことも多かったことを改めて知りました

せっかく北海道に暮らすのだから

ここでしか経験できないこと

もっと楽しまなくちゃね

そして残していかなくてはいけないと思いました

moblog_ec19b14e.jpg

大切なことを知るきっかけを作ってくださった牧場の方々に

心から感謝します

みんな、とってもカッコよかったよ