ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
ガンの化学療法を施された馬のお話
2014年05月29日 (木) | 編集 |

Calvin号
Calvin gets a brushing from owner Jane Withstandley and nuzzles her daughter, Blair (Photo/MICHAEL S. WIRTZ)


オーナーのジェーンは愛馬に顔をうずめました

「ごめんね。こんな思いさせて」

お気に入りのおやつを差し出し…そして泣き崩れました

愛馬がガンの宣告を受けたのです

すぐに頭に浮かんだのは、どうやって死を迎えさせるか

愛馬の最期の時をなるべく快適に、そして幸せに過ごすにはどうしたらいいか…

しかし何よりも気がかりなのは彼と友情を築き上げてきた3歳のお嬢さん、ブレアちゃんに何て伝えたらいいのか、でした

彼女の愛馬Calvin(カルバン)号は10歳の牡

サラブレッドで、レースでは20戦1勝

彼女と出会った時はハンターとしての訓練を受けていたカルバン号

その時「幸せそうではなかった。とても怯えていた」ように感じたそうです

彼女はカルバン号を引き取り、自身で騎乗するようになりました

鞍はより体に合ったものに取り換え、ハミは当たりの柔らかなものに換えました

カルバン号はジェーンを信頼し始め、二人は競技会で優勝するようになります

「カルバンのジャンプは高くて力強いの。時々野生の獣に乗っているような気持ちになるわ」

でも彼女とブレアちゃんと一緒に馬房にいる時はとても穏やかなんだそうです

ガンが偶然見つかったのは今年の1月末

馬に比較的多いリンパ腫で、中でも比較的薬に反応するタイプでした

獣医師は3つの選択肢を提示しました

何もしないか、ステロイド剤で症状を緩和させるか、抗がん剤治療で完治を目指すか

ジェーンと家族は抗がん剤治療を選びました

Penn vet
(Photo/Penn Vet)

治療には15000ドル(日本円で約150万円)かかるそうです

保険でまかなえたのは最初の3か月で、ご主人と相談して貯蓄を崩そうとしていましたが、ジェーンのご両親が援助してくれました


抗がん剤治療の2回目で、体表のガンは目に見えない状態になったそうです

治療のクールの合間に二人は競技会、デボン・ホースショーに出場することもできました

今週末から次のクールに入ります

ジェーンはブレアちゃんにカルバン号の病気について話をしていません

それは彼が病気に見えないから

「元気でいられるよう時々病院に行っているのよって伝えてるだけ」

「私が大きくなったらカルバンと一緒にデボンに出るの」と言うブレアちゃんに

「そうなるよう祈ってるわ…」とお母さん



治療を施したのはペンシルバニア獣医大学のニューボルトンセンター

そう、ケンタッキー・ダービー馬、あのバルバロ号を手術した病院です

本症例がセンターで初の馬の抗がん剤治療になりました

これをきっかけに多くのオーナーが選択肢のひとつと考えてくれるようになるでしょう

症例が増えることで、今後の治療も大きく進みます

人と馬が少しでも一緒にいられる環境が、また増えるかもしれませんね


引用元記事
Chemotherapy gets a horse back in competition(The Inquirer)


新種牡馬産駒、第一号勝利
2014年05月26日 (月) | 編集 |

「せんせー、スイカ食べにおいでー

というスイカ大好き人間にはたまらない電話をいただき

ここで今年最初の味を堪能させていただきました

田中淳司厩舎です

洗い場ではちょうどレース用の装鞍をしていましたよー

こういう雰囲気が

レースの結果にも繋がっているんでしょうね



5月15日のホッカイドウ競馬

JRA認定フレッシュチャレンジ競走(2歳新馬戦・ダート1200m)で

新種牡馬ヴァーミリアン産駒、エンターザスフィア号(牡2歳、田中淳司厩舎)が勝利しました

2歳の新種牡馬、一番乗りです
moblog_faba9e53.jpg
関係者のみなさん、おめでとうございます

レースでは精悍な顔つきをしている彼も

厩舎ではとても優しい表情をしているんですよ

性格も温厚で素直です


ん?この優しい眼差しは…

どこかで見覚えがあるぞ…


あ!そうだ!

それはお父さんの

ヴァーミリアン号の眼差し

ヴァー、これからも息子&娘たちの活躍を見守っていてね


21日には同じく新種牡馬のカネヒキリ号産駒、コールサインゼロ号(牡2、原孝明厩舎)が勝利しました

こうして血が受け継がれていく様子を数年で見られるのも

競馬の醍醐味かもしれませんね

これからも2歳戦はもちろん、ベテラン勢のレースもぜひ楽しんでください





ヒトも走る!ノーザンホースパークマラソン2014
2014年05月22日 (木) | 編集 |

5月18日(日)今年もノーザンホースパークマラソン2014が開催されました

天気は晴れ

風は相変わらずの強さでしたが、たくさんのランナーやその家族が集まり、賑わいましたよ

マラソン前は花嫁&花婿さんが馬とともに登場

勝己社長からもお祝いのメッセージが贈られました

お二人はそのままペアラン2.5㎞に出場

すごーい

馬と馬が大好きな人達、そして走ることが大好きな人達に祝福されたお二人

これからもずっとずっと幸せに包まれますように



マラソンのゲート

スターターはピンクのウエアを着ている橋本聖子さん

ごあいさつに行ったら「父がいつもお世話になってますー!」って言ってくださいました  こちらのセリフですよ



表彰式では例年通り

優勝者は馬に乗って登場!

おめでとうございます

表彰式が終わると、お待ちかねのオークション

時に匂いチェックまでしちゃうオークショニストの中尾さん

ノリノリな進行で会場も活気あふれていました

今年も競馬関係者やアスリートのお宝がたくさん出品されましたが…

こんなレア物にはざわめきが

元競泳選手の寺川綾さんから

日本記録達成時に実際に着用していた水着が出品

水泳をしている人間ならその価値はわかるはず!

後ろ姿で写る親子連れのお嬢さまが欲しがりましたが、お母さんがお金を持ってきてないよー!と悔やんでました

競馬関連グッズは多くの参加ランナーが落札

その中でも一番注目を集めたのは

こちらの"ジョッキー"ランナー!

見事に落札した勝負服と

中尾さんによると、このコスプレのまま飛行機に乗っていらしたとか

マラソンの前後も記念写真の引っ張りだこで大人気のジョッキーでした


美味しい食事も堪能し、この日のメインレース「ヴィクトリアマイル」を観戦

今年もノーザンファームさんの事務所へ



レースは生産馬のヴィルシーナ号が二連覇を達成

ヴィクトリアマイルの日にこのマラソンが開催されるようになって4年、うち3回でノーザンファームさんの生産馬が制しています

関係者のみなさん、おめでとうございます



そして今年もマラソンの誘導役を立派に務めたのは

海外G1馬デルタブルース号

毎年、彼の雄姿が世界でひとつだけの"G1馬が誘導する"マラソンを引き立ててくれます

その様子がわかる動画がアップされていました

途中でピョコッと跳ねるところがもーたまりません

最後のショットもいいですよね!




楽しかったマラソンも多くの関係者、ボランティアのみなさんに支えられているから

今年もたくさんのありがとうを言いながら、たくさんの感謝の気持ちを胸に走りました

寒い中、ずっと応援してくださったみなさん、ありがとうございました

またみなさんと笑い合い、声を掛け合いながら、大好きな馬の地を走りたいと思います

参加されたランナーのみなさん、また一緒に走りましょう




人と犬
2014年05月10日 (土) | 編集 |

3年前、英国で有名になった少年と犬のお話

その話が先日フジテレビ「奇跡体験!アンビリーバボー」で紹介されました

全英感動!奇跡の出会い★3本足の犬と難病少年(5月1日オンエア)

英国で生まれたオーウェン君は先天性の病気「シュヴァルツ・ヤンペル症候群」

全身の筋肉が硬直してしまう難病です

他人の視線が気になり、学校にも行かず、家を出ることもなくなったオーウェン君

両親がインターネットで飼い主募集されていた3本足の犬を知ったのもその頃

虐待を受けただろうと思われたその犬はハチと名付けられていました

オーウェン君はアナトリアン・シェパードのハチと出会い、二人の人生は変わるのです

英国Mail on lineの記事、写真だけでもどうぞご覧ください
The three-legged dog who helped a little boy with a rare condition overcome his fear of outside world

人と犬には不思議な絆がありますね
OwenHaacthi.jpg
Mail on lineより




もう一つ紹介させてください

お父さまがアルツハイマー病を患った家族のビデオです

この病気は語彙と言語機能の貧因化が特徴でもあり、お父さまは言葉を発することがなくなったそうです

でもこのお家で一緒に暮らす犬がオモチャをくわえて彼の元に向かった時、奇跡が起こるのです

My Dad With Our Dog


嬉しそうに尾を振る犬

優しく話しかけ優しく撫でるお父さま

そしてこのビデオを公開したLisaさんの最後の言葉に、私は胸がいっぱいになりました

それはこんなメッセージでした


"If your parents still talk to you, please listen.

You never know when will be the last time."


"もしご両親が今も貴方に話すことができるなら、どうか耳を傾けてください。
いつが最後になるかわからないのですから。"




私はこの動画を見て

両親の声が聴きたくなりました

もうすぐ母の日、そして父の日です

離れて暮らす方は電話でもしてみませんか

そばで暮らす方はたまにはゆっくり話を聞いてみませんか

いつが最後になるかなんて誰にもわからないんですから…ね




週末も世界中の家族とペットたちが幸せに包まれていますように





コスモバルク記念&新人ジョッキー初勝利
2014年05月06日 (火) | 編集 |

4月29日のメイン競走「コスモバルク記念」

レースを制したのは林厩舎のバルーン号

かっくいーーー!

管理されているカズ先生、オーナーの岳ちゃん(白井岳さん)、そして関係者のみなさん

おめでとうございます!

キリッといい顔して走っていたバルーン号ですが

厩舎ではリラックスしています

お疲れさま!



よく頑張ったねー!コチョコチョしちゃうぞ



今年はチーム・バルーンから目が離せませんねっ

…と思ったら

他にも名馬がいました

それは

ウルトラカイザー号

アスカクリチャン号の弟です

櫻井ジョッキー「こうすると舌出してくれるんだよー」

カイザーおちゃめー!いつも一緒にいるからわかるんですね

林厩舎の活躍、今年も楽しみです





先日5月5日には、嬉しいニュースが入ってきました

新人の水野翔(かける)騎手が初勝利をあげたのです

嬉しい勝利は田中淳司厩舎スマートアゲイン号がプレゼントしてくれました

翔騎手よかったね!おめでとう!

カード持ってくれてるのが五十嵐騎手なんて贅沢だぞー

騎乗依頼をしてくださった田中淳司調教師、そしてオーナー

所属先の村上厩舎も翔騎手にできるだけチャンスを、と他厩舎にもお願いしてくれています

多くのサポートを受けての勝利

翔騎手にも伝わっていると思います

これからもみんなと一緒に歴史をつくって欲しいと思います

翔、先生いつも言ってるけどケガには気を付けてね





五十嵐ジョッキーへ…私の還暦はプラカード持って祝ってー