ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
バドワイザー・スーパーボウル2014 CM公開
2014年01月30日 (木) | 編集 |

今年もこの季節がやってきました

スーパーボウルのバドワイザーCM

公開前の一コマにワクワクしていました
Budweiser2014年


どうぞご覧ください

Budweiser Super Bowl XLVIII Commercial "Puppy Love"



こちらは出演者たちのメイキング映像

Budweiser Super Bowl XLVIII Commercial "A Hero's Welcome"




デンバー・ブロンコスにはアラブのせん馬のマスコット、Thunder(サンダー)号がいます

彼らのパフォーマンスを楽しむよりも、一生懸命仕事する姿に心を打たれてしまいます

Thunder





ホッカイドウ競馬では誘導馬の騎乗者を募集しています。テン太と一緒にホッカイドウ競馬を支えてくださいませんか?

詳しくはこちらをクリックしてください(PDFです)



War Horseが日本上陸
2014年01月22日 (水) | 編集 |

映画「戦火の馬(War Horse)」

この舞台公演が今年、日本に上陸します

楽しみですね!

上映の日程は7月30日(水)から8月24日(日)まで

東急シアターオーブにて公演決定です

詳しくはこちら→東急シアターオーブHP

これが日本で観られるなんて…❤️

War Horse on stage


渡り鳥はどうしてV字を形成するのか
2014年01月20日 (月) | 編集 |

渡り鳥がV字を形成して飛ぶ理由

経験上、エネルギー節約のためだと考えられてきました

"経験上わかっている"ことでも、科学には理論や証明が必要ですよね

Nature(Volume505 Number7483)にこんな研究報告が載りました

「Precision formation flight astounds scientists~科学者を驚愕させる精密な編隊飛行」

私はこういう記事が大好きで、何度も動画と記事を見直しています

説明する獣医師の顔も生き生きしていると思いませんか(笑)



渡り鳥が編隊を形成するとき

先頭の鳥が羽ばたくことで空力が発生します

動的な流れは上向きだったり下向きだったり

これを利用し後続の鳥も羽ばたくというのです

シンクロさせたり、タイミングを逆にしたり…

空を飛ぶ渡り鳥を見るのが待ち遠しくなります

Come fly with me


Nature記事
素敵な本と出会いました
2014年01月17日 (金) | 編集 |

多くの人が関わっているのは馬だけではありません

騎手たちもそう

彼らも大きな愛に支えられ命がけの仕事をしている…



これまで競馬の世界で生きてきて

まだ知らない素敵な世界があった

そう感じました

著者の原千代江さんは茶道の先生

競馬学校の騎手過程の生徒にお茶を教えていらっしゃいます

礼とはどういうものなのか

自分の心とどう向き合うか

彼女は茶道を通して、15歳でこの世界に飛び込んだ若者たちと心を通わせます

多くの教え子たちが彼女を想い、彼女も彼らを想っている

三人目の親のように。。。

眩しいくらいの素敵な関係を羨ましく思いました

そして「どうかケガのないように帰ってきて欲しい」という思いが私の中でも一層強くなりました

命がけで勝負する彼らを

張り裂けそうな気持ちで見守る立場を知って欲しいと思いました




競馬ファンに、騎手ファンに、そして勝負の世界に魅せられた方々に

ぜひおすすめしたい本です

なぜ競馬学校には「茶道教室」があるのか: 勝利は綺麗なお辞儀から (Amazon)




R.I.P. St Nicholas Abbey
2014年01月15日 (水) | 編集 |
順調に回復していました

ひょっとして助かるんじゃないか…

そんな気持ちになっていました

でも彼は闘いに勝てなかった



愛国クールモアからの発表によると

セントニコラスアビー号が14日の朝

疝痛を発症

開腹手術で結腸に重度の絞扼を認め

安楽死処置されました

獣医師としては少し気になる流れではありますが…いずれわかることでしょう



こういう場合、すぐに解剖されます

治療経過を確認し、評価し、今後に役立てるための大切な作業です

骨折箇所は予想以上に治癒が進んでいたそうです

蹄葉炎部分も良くなっていたそう



獣医師はじめ関係者のみなさんの気持ちを思うと、言葉がありません

アビー、よく頑張ったね

もう痛い思いをしなくていいんだよ

どうか安らかに…


2013 Investec Coronation Cup - St Nicholoas Abbey




St Nicholas Abbey
2007年4月13日生まれ(7歳)
父 Montjeu
母 Leaping Water

生産 愛国
馬主D.Smith
  Mrs.J.Magnier
  M.Tabor
調教師Aidan O'Brien

生涯成績21戦9勝
獲得賞金4,831,354ポンド



明けましておめでとうございます
2014年01月08日 (水) | 編集 |

明けましておめでとうございます

みなさん、どんなお正月を過ごされましたか

日高はここ数年で一番雪の少ない、穏やかな日々でした

今年は待ちに待った午年ですね

馬グッズをたくさん仕入れるチャンスです

次は12年後ですからね


三が日は急患などで忙しく、今年は少し遅れての初詣でした

行ってきましたよー

北海道のパワースポット
moblog_443c4806.jpg
北海道神宮

ここはいつ訪れても
moblog_272f7c96.jpg
心が癒されます

北海道神宮の境内には

ここでしか食べられない、美味しいお饅頭があります

しかもあの六花亭です
饅頭
焼きたてを食べさせてもらえます

これが最高に

美味しいんです

「判官(はんがん)さま」は

1月1日は無料で振る舞われます



さて

お正月の中央競馬も開催されました

1月6日(月)の万葉ステークスでは12歳トウカイトリック号が出走

勇敢な年男は4着で帰ってきました

夏休みを北海道で過ごした彼

とてもいい目をしているんです

よく頑張ったね

時々お父さん(エルコンドルパサー)を思わせる仕草にドキッとします

丈夫なのもお父さんからの遺伝なのかもね

いつも状態を万全に整えて出走させている厩舎関係者のみなさんを尊敬します

そして長きにわたり、彼の走りを見せてくださる馬主さんに感謝します







最後に今年最初のビデオを紹介します

昨年ツイッターではお知らせしましたが

海外では3Dプリンターを使ったチタン製の蹄鉄作りの取り組みが始まっています

こちらは3年間の慢性蹄葉炎を患うHolly号に施された装蹄です

Holly's Christmas wish comes true




蹄葉炎といえば、愛国で闘病しているセントニコラスアビー号

蹄冠部分に新しい蹄組織の新生を認めたそうです

なんとか頑張って欲しいですね



今年も頑張る人馬を心より応援したいと思います

みなさん、本年もよろしくお願いします