ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
年末のごあいさつ
2013年12月31日 (火) | 編集 |

みなさま

どんな年末をお過ごしですか


こちらはだいぶ静かになった牧場や厩舎を回り

夕方、2時間ほどジョギングで走り納めをしながら今年一年を振り返ってきました


先ほど事務所に帰り、お蕎麦を茹でています

私自身、手術などありましたが大きなケガもなく一年を終えられたことに感謝しています


今年も、大好きな方々と年末を過ごすことができました



































ここ数年、急患馬と過ごしている年越し

今年はどうかなー

一応、お酒は飲まずに待機しています



みなさん、今年も本当にありがとうございました

素敵な大晦日をお過ごしください


種牡馬たちの年末
2013年12月28日 (土) | 編集 |

中央競馬開催も無事に終わりましたね

今年も産駒が大活躍した種馬所に行ってきました

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション
ブリーダーズSS



ステイゴールド「お前さ、年賀状終わったの?」
ステイとフェスタ
ナカヤマフェスタ「!」


そんな会話が聞こえてくる厩舎

グラスワンダー号はお手入れ中

グラス「くんかくんか」

ニャンコ「ちょっ!耳はやめてー」

グラス「ごめんね。嫌いになっちゃった?」
moblog_d47b2e51.jpg
ニャンコ「いや別に」 見守る担当者「…」


こちらはヴァーミリアン号&じろりニャン号
moblog_2d1c1278.jpg



「ららら~♪」

誰か歌ってる?

あらー!ダンスインザダークくん!

「雨は夜更けすぎにぃぃぃ~♪」


moblog_d3e1ded7.jpg
・・・って誰も聴いてないんかい


なーんか今日はちっさい人きてて騒がしいなー
moblog_a011d504.jpg
ブラックタイド号

うるさくしてゴメンね!



ねーセンセ
moblog_af5f45cb.jpg

ねー聞いてる?センセ
moblog_6cda9805.jpg
なあに?フェスタ

この間ね、二ノ宮先生が来てくれたんだー
moblog_c7e15890.jpg
よかったねー!

だからこんな顔して一緒に写真撮ってもらったんだよー
moblog_724f682f.jpg
あ、あ、そう…

てへ
moblog_e59061b6.jpg


フェスタ「おめー今日すっげー白いな」
moblog_439d7555.jpg
スウェプト「何年同じこと言ってんだよ」


ちょっと誰か僕のベロに人参でも乗せてくんない?乗ると思うぜ
moblog_8d0f13ec.jpg
ジャングルポケット号


こちらは新入りのローズキングダム号

「来てくれてありがとーねー!」
moblog_c43dce72.jpg
わしゃわしゃされてます

moblog_a2ada41e.jpg
(´-`).。oO( たくさん撫でてもらっちゃった



こちらも新入りのストロングリターン号
moblog_7e3d8656.jpg
「よろしくお願いしまーす」


トーセンホマレボシ号も元気でした

体大きくなったね!




「えーーっと…

…どうでもいいけどメシはまだすかね?」
moblog_6c5558ff.jpg
もうすぐ30歳のアフリート号





種牡馬たちは現役競走馬よりも個々の性格がハッキリしてきます

プライドもあるし扱い方にもコツが必要

治療で携わっても、スタッフとの会話の中にも、学ぶべきことが多い所です

ブリーダーズスタリオンさん、人も馬もみんな元気でした

生き物相手の仕事は年末年始は関係ないですが

ファンのみなさんが少しでも今年の疲れから癒されますようにと協力していただきました

いつもありがとうございます




ファンのみなさんも

よい年末をお過ごしください





メリークリスマス!
2013年12月25日 (水) | 編集 |

メリークリスマス!

みなさんいかがお過ごしでしょうか

ここ4日ほど毎晩疝痛が発生しています…今夜も

それでも世間はクリスマス

今回は趣向を変えて

日頃お世話になっている装蹄師さんの風景をどうぞ

登場する装蹄師は全員世界チャンピオン

そんな3人に、この季節ならではの特別な依頼主が現れます…

A Farriers Christmas Tale




そして愛国のセントニコラスアビー号についての経過報告もアップされました
こちらをクリック→Coolmore TV St Nichlas Abbey 5 months on

現在アビーの治療に関わっている蹄のスペシャリストDr.Scott Morrisonが来年、来日される予定です


米国で一足先に彼の講演を聴いてきました
securedownload.jpg
来年も楽しみです



Equine Cancer Societyさんからはこんなショットが
Eq Can Society
「サンタってこんな小さかったか?」 「しーっ!この子きっとニンジン持ってるぜ!」



securedownload-1.jpg
みなさん素敵なクリスマスを!
マインザットバード号の映画「50to1」予告編
2013年12月23日 (月) | 編集 |
12月1日の記事で紹介したアメリカの映画「50to1」

2009年のケンタッキーダービー馬マインザットバード(Mine That Bird)号を取り上げた映画です

19頭中の17番人気

50to1はこの時のオッズです

待ちに待った予告編が公開されました

どんな映画でも競走馬のものならワクワクしますね

いつか観てみたいなー

50 to 1 the movie - Official Trailer - Ten Furlongs




猫は思っていたより昔から私たちと一緒だった!?
2013年12月20日 (金) | 編集 |

馬好きな人には猫好きも多い気がします

ツイッターのフォロワーさんにはニャンコのアイコンがたくさん!

私も猫は大好きです

あのモフモフ、たまらないですね

先月こんな報告がありました

Earliest evidence for commensal processes of cat domestication

「ネコの家畜化共生過程における最古の証拠」

引用文献はこちら→ Proceeding of the National Academy of Sciences of the USA

9500年前の地中海キプロスで人のそばに埋葬されていた猫の骨が見つかっています

しかし家畜化された証拠があるのはもっと後

4000年前のエジプトと考えられていました

しかし今回の報告では少なくとも5300年以上前に中国ですでに我々と一緒に生活していた形跡があったようです

人の食べ残しを食べていたそう…

昔のねこまんまかしら

太古の昔から、人は猫に癒されていたと思うと嬉しくなります

20131219223218bfa.jpg

これからもずっと一緒だね


アメリカ馬臨床獣医師学会・特別講演
2013年12月18日 (水) | 編集 |
12月7日~11日まで開催されたアメリカ馬臨床獣医師協会(AAEP)学会

場所はテネシー州ナシュビル

会場はホテルを含む巨大施設

ゲイロード・オプリーランド・リゾート&コンベンションセンター

屋内のガーデンも

すっかりクリスマスでした

学会は今回が59回

国内外の馬獣医師や関係者が集まります

メイン会場は最大で7000人ほどが収容できるそう





今年は獣医師3500人、そして学生やオーナー、そのほか業者や関係者を含めると6500人ほどが会場を訪れたそうです

初日の特別講演ではこの方が演台に立ちました


ナチュラルホースマンシップで著名な

Buck Brannaman(バック・ブラナマン)氏


映画「モンタナの風に抱かれて」のモデルになった方です

まずはじめにBuck氏が言いました

「この中で馬の治療中にケガをした方はいますか?」

聴衆のほとんど(私も含め)の手が上がりました

「馬の獣医師は危険な仕事です。頭部や肢部に触れることが危険な状況にあるからです」

「オーナーの方たちは獣医師や装蹄師がいつも危険な状況に置かれて仕事をしていることにお気づきでしょうか」

「獣医師や装蹄師を危険な状況におかないよう馬をトレーニングするべきなんです」

「ただ普段通りのことができるだけでなく、意図しないような出来事が起きたときにも落ち着いていられるよう、馬を慣らせるのです」



こんなことを言ってくれる人はこれまでに出会ったことはありません

獣医師も、オーナー達も静かに彼の言葉に耳を傾けていました



「馬も人も目指すところは同じ。"Peace(安らぎ)"です」

「何か食べたり飲んだりしている時に他人に邪魔されたくないでしょう?それは馬も同じなのです」

「馬はオーナーの心を写す鏡。彼らは貴方を見ているんですよ」

「彼らが気にするのは人が自分をどう扱うかということだけ。先入観も何もないんです」




Buck氏は幼少期、肉親から虐待を受けたりしたこともあったそう

親から離れて暮らし、引き取り先が牧場だったことで彼は馬と心を通わせるようになります

時折、馬との思い出に涙を浮かべて話していました

話術も巧みで、これも馬が惹きつけられる彼の持ち味なのかなと思いました

最後はスタンディングオベーション

学会は初日からすっかり興奮モードで始まりました

5日間は朝7時~夜6時までびっちり講演

会場もいろいろなので数分間で興味ある演題の部屋へ走って移動

大変興味深い発表もあり、お腹いっぱいになりました



また後日つづきを書きたいと思います





風邪が治らないんだよねーーー




この時期ならでは
2013年12月15日 (日) | 編集 |

突然寒くなりましたね

みなさん、体調大丈夫ですか?

先日AAEP(アメリカ馬臨床獣医師協会)の学会でテネシー州ナシュビルに行ってきました

帰ってきて体調崩しています

気温の変化も激しいですから、みなさんも気を付けてくださいね

今日はこの季節ならではの素敵な動画を紹介します

The Stagecoach & the Snowmen


寒いけれど悪くない季節ですね
馬の映画が観たいねー
2013年12月01日 (日) | 編集 |

相変わらず馬まみれな日々を送るハリケーンドクターでございます

今日は素敵な情報を仕入れたので紹介しますね

来春、米国でケンタッキーダービー馬の映画が公開されるそうです

2009 Kentucky Derby


勝ち馬はマインザットバード(Mine That Bird)号

19頭中の17番人気の馬でした

タイトルは"50to1"

この時のオッズが題名になっています

おそらく日本では上映されないと思われますが

来月にも予告編が出来上がるそうなので、また紹介しますね






来月といえばこの映画もいよいよ公開

12月14日(土)から渋谷のシアター・イメージフォーラムを皮切りにスタートするそうです

映画「祭の馬」


楽しみですね









愛国で闘病生活を送るセントニコラスアビー号

クールモアからの発表によると

一歩目に痛みをみせるも食欲などは良好

ただ蹄骨の沈下がこれ以上進むと蹄底を突き破る可能性がある状態

現在、医療用無菌ウジ(虫)を使って壊死組織を除去する治療と振動板を使ったケアを継続中とのことです

この数週間が重要な局面になりそうです




豪州ではブラックキャビア号の弟が蹄葉炎と闘っています

まだ予断を許さない状況ながら、状態は良化しているそう




人と馬が少しでも長く一緒にいられますように

遠くから祈っています




今日は静内で開催されたDr.Whiteの疝痛に関する講演会に参加してきました

今年、欧州の大学で開かれたウマ栄養学のコースを受けていたので、なじみある内容でした

インプット作業の多いオフシーズン

役立てていくことでアウトプットしなくてはいけませんね