ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
War Horse~戦火の馬~
2011年12月26日 (月) | 編集 |

クリスマスいかがお過ごしでしたか

今日は映画の紹介をしますね

25日、全米で公開された映画War Horse

スピルバーグ監督がおくる期待の作品です

日本では来年3月2日に公開

人と馬の心はどこまで近づけるのか

そんなテーマで造り上げたそうです

この映画に関しては以前から興味があり、いろいろ調べていました

監督はじめ制作に関わったスタッフの言葉には競走馬の世界にも共通した教えがあります

監督は「常に馬たちはHAPPYでなくてはいけない」と言っていました

そして「たとえ悲惨なシーンであっても、馬は誰かと対話していなくてはいけないし、集中していなくてはいけない。そして自分に与えられた仕事を楽しみ、いつも新しい何かを我々に与えてくれるように努力しなくてはいけない。」

アドバイザーを勤めたCarolは「馬は我々が正しくトレーニングすれば、どんな複雑な動きも学べる能力を備えている」

レンヌ大学の馬行動学者は「我々の研究では馬の記憶の容量は"肯定的な環境"のもとで、より優れたものになることがわかっている」と述べています

否定的な態度で接することをやめ、いつも自信を与えること

そうすれば人と馬はもっとわかりあえる

馴致も、調教も、全てに当てはまると思います





3月2日が楽しみですね


映画「戦火の馬」公式サイトはこちら


米国版予告編

メリークリスマス
2011年12月24日 (土) | 編集 |

Happy Holidays


クリスマス、いかがお過ごしですか


いろんなことを考えた一年でしたね


みなさんの休日が幸せに包まれることを祈っています


この時期にぴったりな写真が出てきましたので初公開させていただきます



私にも
こんな時代もありました^^
こんな時代がありました



With best wishes for Christmas day


♪Let's hope it's a good one without any fear♪





ナイトお帰り
2011年12月18日 (日) | 編集 |

12月17日(土)ディセンバーステークス

フランス帰国戦になったナカヤマナイト号が優勝しました

ナイトの母はフィジーガール号

ホッカイドウ競馬、林正夫厩舎で管理されていました

林正夫先生は引退され、馬主となってショウリダバンザイ号(林和弘厩舎)で道営記念を優勝

フィジーガール号には現調教師の息子さん、林和弘先生も跨っていました

今年のロンシャン競馬場では、二ノ宮調教師の配慮で装鞍所やパドックまで入ることができました


ナイトと担当厩務員の石井さん

とってもかわいがってくださっています


レース後、二ノ宮先生がメールをくださいました

「頭が下がる思いです・・・」

フランスでの成績は残念でしたが、陣営は諦めることなく彼を信じて試行錯誤してくださっていました

チャンスは必ずある

そのためにいつも準備していたみなさん・・・

本当に嬉しい勝利だったと思います

この勝利には嬉しいおまけも!

なんと柴田善臣騎手の2000勝メモリアル


こちらもロンシャンのパドックにて

「ナカヤマ」のオーナー代理、和泉さんと善臣騎手



見た通りの素敵な2人

ちなみに和泉さんはロードバイクに乗られるんですよ。フランスでもロード話に盛り上がりました








最後にこのブログからもおまけを・・・

僚友のナカヤマフェスタ号はナイトの帰国戦勝利を喜んでくれてるかなー?



ん?フェスタ???

ずいぶん涼しい顔してるねー





ナイト、よくやったね!

これからもずっとずっと、応援してるよ


ナカヤマナイト号、次走は1月5日の金杯へ向かう予定です
人気ブログランキング
↑↑応援クリック励みになります
骨折馬の処置に関する研修会
2011年12月09日 (金) | 編集 |


骨折や腱、靭帯などの障害時に患部が動かないよう固定・保護するため用いられる包帯材料もしくは包帯法をオランダ語で「Gips ギプス」英語で「Cast キャスト」といいます

育成馬や調教馬に多い骨折

その応急処置は予後を決める重要な作業でもあります

8日、骨折馬のキャストと吊起帯(ちょうきたい)についての講習会がありました

実習があるとのことでしたが

模型か死体肢を使うのだと勝手に思い込んでいました

しかし、実習馬が3頭も用意されていました

いくら北海道とはいえ、実習用の大動物を用意することは簡単なことではありません



参加した獣医師たちも

みんな熱心に取り組みました



実習馬はもちろん無傷の状態

鎮静剤を注射されましたが、気長に付き合ってくれました



実習最後は吊起帯、アンダーソンスリングでのデモンストレーション

この馬は鎮静剤だけで吊られていますが、すっかり脱力して気持ちよさそうでしたよ



馬用のキムジースプリントを装着中の私の足

実際にかかる負荷を直に感じてます・・・指、つってるけどね



これを見たhig先生いわく

「両足これを装着してトレーニングするとアイアンマンになれるよっ

先生まじですか!

やりますやります




参加者みんなが学びたい意欲にあふれていて

充実した楽しい講習会でした

ここまでオーガナイズすることが容易でないことはよくわかっています

関係者のみなさん、そして講師をしてくださったhig先生

先生方の思いに必ず応えられるようにします

本当にありがとうございました







レスター・ピゴット
2011年12月07日 (水) | 編集 |





今年もレスター・ピゴット夫妻からクリスマスカードが届きました。


毎年香港から送ってきてくれるけど


今年は英国からでした。


2人とも体壊してないといいな・・・