ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
道営記念
2010年11月24日 (水) | 編集 |

先週の18日(木)

道営記念を最後にホッカイドウ競馬の平成22年開催が無事に終了しました




ファイナルレースの道営記念を制したのは

堂山厩舎のオネストジョン号
小国っちのこんなガッツポーズ、初めてみました!おめでとう!
小国ジョッキーもガッツポーズ!



嬉しい口取り
みんなの笑顔。こちらまで嬉しくなります。
本当におめでとうございます!



今年はホッカイドウ競馬の存続が決まり

最終日には

「また来年ね」と言い合える幸せを実感しました



すべてはホッカイドウ競馬を支えてくださるファンのみなさんのおかげ

来季も一緒に、たっぷり、競馬を楽しみたいと思います

応援、本当にありがとうございました!



大好きなみなさんに
みなさんありがとうございました!
たくさんの幸せが訪れますように・・・



ホッカイドウ競馬ではすでに一歳馬の馴致作業が始まっています。来年のスターホース誕生を夢見て・・・
人気ブログランキング
↑↑応援クリック励みになります♪
競走馬の鼻出血について
2010年11月14日 (日) | 編集 |

ファンの方から聞かれることが多かったのでまとめてみました


競走中の馬の鼻出血は、そのほとんどが肺からのもので、運動性肺出血(EIPH)といいます


これは競走馬独特の疾患で、他の動物、ヒトにはありません。原因は今も定かではありません


諸説ある中の有力なものは、激しい運動による肺高血圧から起こる毛細血管の破綻(はたん)です


競走中に鼻出血として発症するのは0.15%という報告があります。ただ、肺のみのレベルでは競走後の検査で
40~75%の馬にみられたという記述もあります


・・・多いのです


競走馬はその構造により、鼻からしか呼吸できません。肺出血はパフォーマンスに大きな影響を与えます


EIPHについては以上です。私たちが思う以上に、競走馬たちは全身を酷使して頑張っています。鼻からしか呼吸できない立場での鼻出血は水に溺れている状態。1ヶ月の出走停止は仕方ないことです




滞っているブログですが、PCでご覧の方は右下よりツイッターをご覧ください

かなりたくさんつぶやいていますよ




さて・・・

ホッカイドウ競馬もあと1週間となりました

今日は道営記念組の追い切り日でした

18日(木)

私もファンのみなさんと接したいと思います

メインレースのころ

ちょっと驚く格好で、スイーツのパサパさんを拠点にうろついていますので

よかったら声をかけてください

声をかけてくれないと恥ずかしいのです!





明日から金沢競馬場に出張してまいります!美典ジョッキー、応援するからね
人気ブログランキング
↑↑応援クリック励みになります♪