ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
祝勝会に参加させていただきました
2009年01月26日 (月) | 編集 |

PCでご覧の方はご存知かと思いますが、右上の小窓にハリドクのつぶやきが流れています

こちらは数日おきに更新していますが

肝心なブログの更新は間隔が開いていますね

お待たせしました (ん?待ってなかった?まいっか



25日の日曜日

祝勝会に出席させていただきました

昨年末の東京シンデレラマイル(南関G3)を優勝したミスジョーカー号(5歳牝)と

先日の京成杯(G3)を優勝したアーリーロブスト号(3歳牡)

合同のお祝いでした
もう10年以上のお付き合いになるメンバーです。何を言ってもOK、何をしてもOK、というとっても居心地のよい人たちです
愛すべき素敵なホースマンたちです


ミスジョーカー号はホッカイドウ競馬、若松厩舎からデビューした競走馬

育て親の若松先生も喜んでいらっしゃいました


若松先生をずっと慕っていらっしゃる恵多谷先生も美味しいお酒を楽しまれていましたよ
同門生のお2人。若松厩舎のたくぼんと恵多谷厩舎の愛斗ジョッキーが親しいことを2人でとても喜んでいました
両手でハートを作って「萌え~」と歌う恵多谷先生と、そんな先生を優しく見つめる若松先生



アーリーロブスト号は当歳時、肺炎という大きな病気をしました

病変は肺のみならず、眼球にまで拡がりました

馬は視力障害があると、競走馬として登録することが難しくなります

そこで担当獣医師は辛い宣告を下しました

「諦めたほうがいい」

そこで生産牧場の方が業者さんに連絡したところ、「今日は忙しいから(引き取りは)無理だね」と言われたそうです

この1日が運命の分かれ目でした



治療を続けてみないか・・・

獣医師と牧場は再び、献身的に治療を行いました



2年後

病弱だった一頭の競走馬はアーリーロブスト号と名付けられ

生産牧場と獣医師に大きな驚きと喜びをプレゼントしてくれました

「馬ってさ、恩返ししてくれるんだよね」


ここに集まったホースマンはみんなそう思っています
死ぬ生きるの瀬戸際から生還した馬は走る!これはホントです。
(奥のほうで恵多谷先生がまたハート作ってるよ)


最後に参加者全員にこのような喜びが訪れますようにと


「キター!」
忘年会から始まったこの「キター!」が優勝をもたらしたと評判です
の一本締め



何回でも参加したいと思う祝勝会

お誘いいただき、ありがとうございました

今年も日高にたくさんの喜びが届きますように・・・






さて

こちらは例年になくどっさり雪が積もっている門別競馬場

そんな中でも工事は順調に進んでいますグー
寒いのに工事関係者の方たち、ご苦労さまです
スタンドですよ~


ナイター用の照明も設置されました・キラキラ
こうして見ると、「ああ本当にここでナイターやるんだ」って思いますね
「本当にここでナイターやるんだ」って実感しますね





真っ白な雪にちなんで

一頭のお馬さんを紹介しましょうね♪

こちらは米川伸也厩舎です

真っ白なお馬さん・・・その名はハクバノデンセツ号
左目が青いんです。うっとりする美しさ。しかし乗ると大暴れして大変なんだって!
川島雅人ジョッキーと一緒に


左目が青くてすごくキレイです

でも元気ありすぎで、乗るのはタイヘンなんですって

齊藤ジョッキー&雅人ジョッキー頑張ってね~






国信厩舎では

懐かしい顔に再会できました

ホッカイドウ競馬、現役最高齢馬

今年14歳になった

そうbikkuri01


クラローレル号
いつも厩舎イチ元気。明け2歳と一緒にウォーキングマシーンに入ってるけど、クラロがグイグイ押して回るので電気いらないんじゃないかと思う
相変わらず若いね


ウォーキングマシーンの運動を見てると、ビビって歩く2歳っ子に混ざってクラロっちがグイグイ押して回してます

マシーンのスイッチいらないと思うよ、国ちゃんセンセ


さすがのベテランは
年齢的なこともあって順調にはいかないかもしれませんが、彼が走る姿にいつも励まされます
いつも厩舎の若駒たちを優しく見守っています



17日、高知競馬で勝利した笹木美典ジョッキー

彼女が騎乗したハイフレンドピュア号も14歳でしたね

地方競馬所属の14歳馬は岩手のシャンハイムスメ号を含むこの3頭しかいません

ベテランホースの復活を、私も応援したいと思います






あ~

春が待ち遠しいね・・・






朝青龍と渋井陽子選手には感動。もらい泣きしました。ファンではないけど。
人気ブログランキング
↑↑応援クリック励みになります♪
届く声と届かない声
2009年01月10日 (土) | 編集 |

1月8日

地方競馬全国協会(NAR)において

NARグランプリ2008の発表がありました

年度代表馬フリオーソ号

2年連続です

そしてそして

ホッカイドウ競馬ファンとしては嬉しい受賞もありました

まずは最優秀ターフ馬

田部和則厩舎の
鹿島さんがバルクに似てるって言ってたのが印象的でした
イグゼキュティヴ号

現在、所属は川崎競馬の河津厩舎ですが、NARでは「選定の決め手となった競走時の管理調教師を記載する」そうです


さらにサラブレッド2歳最優秀馬には

角川秀樹厩舎アンペア号が選ばれました

アンちゃん、おめでとう

彼女は入厩当時から角川先生の期待馬でした

このとき
眠そうな瞬間写真になっちゃったけど、貴重な思い出になりました
まだ名前もついてなかったね


彼女の初めてのレース

2番人気で勝利したデビュー戦の口取り写真がありました
厩舎でも治療中もきちんと足をそろえるアンちゃん
このときからアンちゃん、足をきちんとそろえて立つことが発覚


イグゼキュティヴ号、アンペア号の関係者のみなさま、おめでとうございます





そして何より嬉しく思ったのは

特別賞として選出された

シンガポール競馬の

元ホッカイドウ競馬所属、高岡秀行調教師



NARグランプリの選定にはこのような基準があります

その年において地方競馬で活躍した競走馬や調教師・騎手等の競馬関係者、地方競馬の発展に顕著な功績があった人や馬を表彰するためのもの




高岡調教師は1人シンガポールに渡り、2008年にGⅠレースを制しました

"地方競馬の発展に顕著な功績があった人"

ホッカイドウ競馬ファンではなくても、受賞に納得してくださると思います

「高岡先生は今も遠くシンガポールで、私たちと一緒に頑張っている」

素晴らしい選出だと思いました





先日、JRAで発表された「2008年度JRA賞」

特別賞にすら、ダイワスカーレット号が選出されなかったことは記憶に新しいことです

これについて何か言う気はありません

でも

ファンの声が届くところと届かないところってあるんだなぁ~と思いました

 



地方競馬は声の届くところ

こうしてファンの方々と一緒に歩いていけば

きっと大丈夫

経営にも、サービスにも役立てていってほしい

そう思います


これからも一緒に頑張りましょ!
またリンに行こうね、せんせ!
ね、高岡先生








中央競馬、今日はハートオブクィーン号、日曜日にはモエレエキスパート号イナズマアマリリス号が参戦します
人気ブログランキング
↑↑応援クリック励みになります♪
明けましたね♪
2009年01月07日 (水) | 編集 |

みなさま、明けましておめでとうございます  ←ちょっと遅いか
   
今年もどうぞよろしくお願いいたします

平成21年のお正月、何をして過ごされましたか?鏡餅

私は生まれて初めて箱根駅伝を"ちゃんと"みました

毎年、お正月から苦しい映像を見たくないので避けていたのです

今さらですが・・・感動しました

往路の激坂を8人抜きで制した、東洋大学の柏原竜二選手(19)

出場辞退が噂された逆境にも負けず、監督代行の指示にも従わず、力強い走りをみせてくれました

OBが結成している「東洋大学を箱根駅伝で優勝させる会」の会長は

新潟中越沖地震で大きな被害を受けた山古志村の元村長、長島忠美さん(現衆院議員)

東洋大学は山古志村で合宿を行ったんだそうです山と空

石川遼くんに我らが三浦皇成ジョッキー

今年も10代男性が活躍する年かもしれませんね





さて、私のほうはお正月のお約束、初詣に出かけてまいりました

場所はもちろん

北海道神宮
この神社に訪れるといつも気持ちが厳かになります
でも仕事の後で向かったので中まで入れませんでした


今年は
ケバブをはさんで食べます。まずくはないけどうまくもない
気になっていたドネルサンドに挑戦


タバスコ、したたり落ちるまでかけてっと血

うん

お味はフツウ~






お楽しみのおみくじは・・・


中吉 ひよこひよこ


がんばりまーっすjumee☆shy1






さーて

厩舎のほうからはこの子がごあいさつしたがっております

そう!

角川厩舎のなちゅ

初なちゅ ←10回言えるぅ?
メタボなちゅ、相変わらず厩舎を走りまくっております
「みなたん、あけまちておめでとうでちゅ

今年はメタボ解消を目指そうね、なちゅ





メタボといえばグルメ

セレブな私がセレブなみなさまにお送りするグルメ情報いきまーっす

旭川開催中の往復時

よーく通っていた占冠(しむかっぷ)の「森のふくろう」

ここのお店は食事もコーヒーもとっても美味しくって、お気に入りのお店なんです

ただ冬季の12月~4月は休業なんですね

お店では「冬眠」って言ってます

それでもいつでも図々しいハリケーンドクター

お正月の仕事を終えて、電話しました

「今から行ってもい~い?」

「い~よ~

もうこんな感じで何年も優しくしていただいているんです

車で一時間ほど走り、お店に着きました

そしたらいつも消えているはずの看板に灯りが・・・・キラキラ
この後で間違えたお客さんが来店しちゃいました。断られてました・・・
手前には「冬眠中」と書かれてますね

ここは靴を脱いで上がる、とってもアットホームなお店なんです

中に入ると

なんとお鍋の用意がされていました鍋

「もーいつも突然なんだからぁ~」

そう言いながら

笑うふくろうご夫妻
もう何年だろうね。高岡調教師の奥さまに紹介してもらったのがきっかけです
富良野ぶどうジュースで乾杯赤ワイン

本当にね、北海道ってあったかい人ばかりなんです

2人に会うと心から癒されます

お腹いっぱいごちそうになり、途中から近所のご友人も参加

あのB-1グランプリに出展していた富良野オムカレーを広めている会の会長さん

大好きなカレー談義も盛り上がって

楽しい夜でした

春のシーズンには、ご主人が裏山で採ってきた山菜を使った季節定食がオススメです

昨年撮った写真です
優しさを感じる、美味しい美味しい料理です
この量で600円です

昨年、サッカー日本代表の岡田監督もこっそり訪れたんですよ~

暖かい季節・・・(がいいよね、やっぱ)

北海道旅行にお越しの際はぜひ

北海道の競馬&美味しい食事&あたたかな人たちを
コーヒーも最高に美味しいです。ちなみにご主人はもと学校の先生、奥さまは教え子なんですって
満喫してくださいね








仕事始めは無事にお済みですか?体調を崩しやすい時期、体を大切に今年も頑張りましょう
人気ブログランキング
↑↑応援クリック励みになります♪