ちっちゃいけどパワフル。いつも元気いっぱいの現役獣医師が、厩舎や牧場のごく普通の日常をご紹介します。
Barbaroの戦いが終わった
2007年01月30日 (火) | 編集 |
勇者の戦いが終わりました


ケンタッキーダービーを無敗で制したバーバロ
2006ケンタッキーダービー
着差は6馬身半ありました(過去60年で一番の着差)

ケンタッキーダービーの映像はこちらをクリック(馬番8番がバーバロです)


昨年5月20日のプリークネスステークス(GⅠ)

右後肢を骨折し入院生活を送っていました

バーバロの話はいつかまとめてみなさんに報告するつもりでした

世界の獣医療はこんなに進んでいるんですよ!って・・・

ちょっと長くなりますがお許しください


骨折は重症でした
事故後の写真
骨折片(こっせつへん)は20ほどあったといいます


本来であれば間違いなくその場で安楽死処置がとられた状況で

オーナーは手術して助ける選択をしました

それは現代の獣医療の可能性に挑戦するものでもありました


手術はペンシルバニア大学のニューボルトンセンターで行われました

執刀はDr.リチャードソン

手術は5時間を越えました


術後の写真です
術後の写真
ボルトは27本入っています


Dr.リチャードソンは術後の会見で述べました

「 助かる可能性はコイントス(=五分五分)だ 」

ペンシルバニア大学のHPにはバーバロの状態を定期的に伝えるページがあり

そこで紹介されていた写真をいくつか紹介します


入院馬房です
カードや贈り物がいっぱい
応援するメッセージがいっぱい

印象的だったのは
エドガープラードと
彼に乗っていたエドガープラード騎手との再会

そして
オーナーとジョッキー
バーバロのオーナー

実に世界中が
サインボードにはたくさんのメッセージが
彼の闘病生活を見守っていました


順調だった中

懸念されていた反対側の肢に蹄葉炎を発症しました

何度も全身麻酔で手術し、そのたびに彼は克服してきました

しかし今週月曜、蹄葉炎は前肢にも発症したのです

Dr.リチャードソンは言いました

「 このような肢に体重は重すぎる そして治療の道はとても長い

  これ以上彼を苦しめることはできない 」
 



現地時間の29日午前10時30分

バーバロに

安楽死処置がとられました



奇跡は起こらなかったのです



この事実は獣医界にとっても

残念なことでした

確かに難しい症例

でも

テンポイントから

29年

まだ

我々獣医師は

このような症例を助けることができない・・・




Dr.リチャードソンはじめスタッフ、そしてオーナー

どんなに悲しく悔しい思いをしているでしょう

勇者バーバロ

心より哀悼の意を捧げます






ペンシルバニア大学からのメッセージを紹介します

「 バーバロはケガに勝利し、そして蹄葉炎に対する闘いを終えた

  美しく、素晴らしく勇敢だったバーバロを私たちは忘れないだろう 」
 





バーバロの母 La Ville Rouge は

ダービーの地 ケンタッキー州レキシントンで

今春

彼の全兄弟を出産する予定です




リチャードソン獣医師と
Dr.リチャードソンと